全世界で7,500社以上の顧客と90万人以上の開発者が利用する、画像、動画などのコンテンツ自動最適化テクノロジーの販売開始


株式会社ギャプライズ(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO:甲斐 亮之、以下「当社」)は、コンテンツ管理テクノロジーのCloudinary(本社:カリフォルニア州サンタクララ、CEO:Itai Lahan、以下「Cloudinary」)とパートナー契約を交わし、2021年4月より本格的な日本市場における販売を開始したことをお知らせいたします。


画像 : https://newscast.jp/attachments/VdaNV7Ikp6bnCQA3UNq5.jpg
Cloudinary


市場背景


ウェブサイトの読み込みスピードと離脱の関係


ウェブサイトの表示速度と離脱率は密接に関係しており、ユーザーはページの表示スピードにストレスを感じる事で離脱をする傾向があります。
Googleの調査によると、54%の人がブランドのモバイルサイトのロードタイムが長くなると、不満も大きくなると回答しています。
小売業では、モバイルサイトのロード時間が1秒遅れると、コンバージョン率に最大20%の影響が出ることがわかっています。


Business growth through mobile site speed - Think with Google : https://www.thinkwithgoogle.com/marketing-strategies/app-and-mobile/mobile-site-speed-importance/


Googleが定めるサイト健全性を示す重要指標


Googleはウェブ上で優れたユーザー体験を提供する為に不可欠なクオリティ指標として3つのCore Web Vitalsを定めています。


Largest Contentful Paint は、ユーザーがページで最も有意義なコンテンツをどのくらい早く見ることができるかを表します。感覚的な読み込みスピードを測定し、ページ読み込みタイムラインにおいてページの主要コンテンツが読み込まれたと思われるタイミングを指します。
First Input Delay は、最初の入力までの遅延を表します。応答性を測定して、ユーザーが最初にページを操作しようとする場合に感じるエクスペリエンスを定量化します。
Cumulative Layout Shift は、ページがどのくらい安定しているように感じられるかを表します。視覚的な安定性を測定し、表示されるページ コンテンツにおける予期しないレイアウトのずれの量を定量化します。

Web Vitals の概要: サイトの健全性を示す重要指標 : https://developers-jp.googleblog.com/2020/05/web-vitals.html


Cloudinaryが解決できること


・大量の画像/動画の変換作業などの大幅な工数圧縮
・画像で重たくなったウェブサイトの最適化
・メディアコンテンツ配信の最適化
・GoogleのCore Web Vitals対策


主な機能


1:画像URLの置き換えだけで画像変換が可能


画像URLを書き換えるだけで変換が可能に。
通常のトリミングだけではなくフォーカスすべき対象を自動で検知し調整します。


画像 : https://newscast.jp/attachments/ntH1iKPDiriUOEPTvPdX.jpg
URL内にサイズ表示


2:AIベースの動画トリミング


コンテンツ対応のAIを活用して、動画をフォーカスすべき対象を中心に自動的にトリミングおよびリフレームし、垂直、正方形、およびその他のアスペクト比を作成します。動画品質の圧縮を自動的に調整し、視覚的な劣化なしにサイズを縮小も可能です。


画像 : https://newscast.jp/attachments/LAn9rWYFou8ix2tHCcOa.jpg
動画コンテンツの自動修正


3:Webサイトとアプリの読み込みを高速化


ユーザーが閲覧している環境に合わせて、ファイル形式・サイズ・品質を自動的に最適化。マルチCDNを介して配信することにより、ページの読み込み時間を短縮します。


画像 : https://newscast.jp/attachments/IxckfVnQhNJYtMk7YCdu.jpg
環境に合わせて自動最適


4:環境ごとに組み込み可能


API、クライアント側ライブラリ、SDKを使用して導入できます。


画像 : https://newscast.jp/attachments/ICfTyCfrIyRvyX0SoATc.jpg
組み込み例(詳細はお問合せください。)


5:GoogleのCore Web Vitals対策となる、品質と高性能配信の自動化を実現するCloudinary Media Optimizer


Introducing Cloudinary Media Optimizer: Automation of Quality and High-Performance Delivery : https://cloudinary.com/blog/introducing_cloudinary_media_optimizer_automation_of_quality_and_high_performance_delivery


Cloudinaryサービスサイト


ダイナミックメディアプラットフォーム Cloudinary(クラウディナリー) : https://cloudinary.gaprise.jp/


ギャプライズについて


株式会社ギャプライズは世界中からテクノロジーソリューションを見出し、顧客企業が思い描く未来を顧客と共に泥臭く追求し、実現を目指す企業です。
イスラエルをはじめとした海外のマーケティングテクノロジーである、SimilarWeb、Contentsquare、monday.com、Optimizely、Sisenseなど、多くのグローバル企業での導入実績のあるツールや先進的なテクノロジーを日本国内に導入/支援を実施しています。
社名 : 株式会社ギャプライズ
設立 : 2005年1月27日
代表者: 代表取締役CEO 甲斐 亮之
資本金: 2,000万円
所在地: 東京都新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル6階
※記載されている会社名及び商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。


本件に関するお問い合わせ


〇プロダクトに関する内容
ビジネス推進部
ビジネスクリエーショングループ
担当:藤谷
TEL:03-5989-0494
携帯:080-2166-2276


〇企業/広報に関する内容
広報ブランド戦略室
担当 鈴木 隆司
info-pr@gaprise.com
TEL:03-5989-0492
携帯:070-4280-4650




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?