共生社会への挑戦!あらゆる人を美術でつなげる交流の場を作るためのクラウドファンディングを10月18日より実施中

絵画教室から小さな共生社会を作り上げた「あとりえ木だち」を運営する有限会社 木だち(所在地:愛知県豊明市栄町、取締役:町田 真実)は、ひとまわり大きな共生社会を作ることを目的とした石窯パン&ギャラリーカフェ【木のなか】と就労継続支援B型事業所【こずえの】の建設費の一部を集めるためのプロジェクトを、クラウドファンディングサイト「Good Morning」にて10月18日(火)に開始しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/332325/LL_img_332325_1.jpg
クラウドファンディング TOP

「Good Morning」クラウドファンディングサイト
https://camp-fire.jp/projects/view/550413


■背景
私たちが問題としている社会の課題は

1. 共生社会の実現はとても難しい。
2. 障がい者が、誇りを持って働く場が少ない。

代表の町田が28年前に障がい者の子供を授かったことで絵画教室を障がい児が含まれるインクルージョン(共生社会)の教室としました。当たり前に健常者と制作活動をすることで少しずつ、障がい者との壁が小さくなっていることを感じ取りました。教室を卒業した生徒の中には理解する職業に就く生徒も出てきています。
そこで、働く場においてもこの共生社会を広げたいと考えるようになりました。支援する側もされる側もここでよかったと誇りを持てるような場を作り、美術でつながることでよりよい空間へと作り上げて行こうと考えました。そしてアートの力で多くの人の心も癒し元気になることを考えています。


■特徴
・約60年の歴史を持つ絵画教室で、共生社会を実現させているという実績があります。
・今後目指しているのは、働く職場内とお客様として飲食店を利用する場合での、ひとまわり大きな共生社会の実現です。
・障がい者との関わりが今までなかった方も、自然と関わりの持つことのできる場所を作ります。
・2023年1月に「絵画造形教室 あとりえ木だち」「日中一時支援 ぱれっと木だち」「石窯パン&ギャラリーカフェ 木のなか」「障がい者就労支援施設 こずえの」の4つの空間でつながり、美術を通して壁のない社会を作ります。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/332325/LL_img_332325_2.jpg
木のなか 外観

■リターンについて(税込)
5,000円 :3種のピザお届け便(特許取得済み・ひまわりピザ)
10,000円 :【パン、ピザお届け便】
10,000円 :タイルでアート、サンドアート、デッサン会★木だちの体験教室
10,000円~20,000円 :手作りの陶器セット
10,000円~1,000,000円:作家作品

そのほかにオリジナルのカレンダーや、お食事券などもあり、
作家作品のなかには、夜のライブカフェパーティ招待券がついているものもあります。


■プロジェクト概要
プロジェクト名: 美術を通して障がいを持つ人も持たない人も
当たり前に過ごす共生社会を作りたい。
期間 : 2022年10月18日(火)~11月30日(水)23:59
URL : https://camp-fire.jp/projects/view/550413


■会社概要
商号 : 有限会社 木だち
代表者 : 取締役 町田 真実
所在地 : 〒470-1166 愛知県豊明市栄町大根1番地1385
設立 : 1994年11月
事業内容: 絵画教室の運営、福祉事業、美術品販売、飲食業
資本金 : 300万円
URL : http://atelier-kodachi.com


【本件に関するお客様からのお問い合わせ先】
お客様相談窓口
TEL:0562-98-0068


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?