呼吸する生地でアウトドア向けマスクをバッグメーカーが開発 【呼吸するアウトドアマスク 抗菌消臭】を公式オンラインストアにて2020年8月18日(火)に発売!

バッグ鞄の製造を手掛ける有限会社スタイロ(本社:愛知県名古屋市、代表:秋田 太志)は、【呼吸するアウトドアマスク 抗菌消臭】を、2020年8月18日(火)に公式オンラインストア( https://sa-che.shop )にて発売します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/222578/LL_img_222578_1.jpg
アウトドアマスク 3カラー


【呼吸するアウトドアマスク 抗菌消臭】は、本体表面に抗菌防臭加工の日本製メッシュ生地、内側に東洋紡の 日本製、呼吸するポリエステル「エクスライブ」生地を採用しています。

メッシュ生地は、3層構造で空間があり通気性、速乾性にすぐれています。
メッシュのみのマスクの場合、通気性は大変良くなりますが、さらに飛沫を防ぎつつ全てのシーズンでサラッと快適に行動できることを開発の目標としました。

この口元側生地「エクスライブ」の特性は、繊維そのものが放湿冷却・吸湿発熱することで、人体が受ける温度や湿度による生理的なストレスからの解放を促します。
さらに、消臭・抗菌・防臭・phコントロール・制電・UVカット機能があります。

長さ調節するパーツはYKK社製の大きめ仕様なので、グローブをしていても使いやすい設計です。
従来あるマスクのゴムひもだと磨耗やひっかけで切れやすいため、アウトドアでも安心なように強度がありしなやかなナイロン製国産テープを採用しています。

メッシュ生地と「エクスライブ」生地の中間は、ポケットになっており市販のフィルターやシート等を素早く入れられます。

バックパックやハンドバッグ鞄を手掛ける日本の縫製職人が、立体の型紙をさらになじむ様に、バッグの「いせ込み」技術を応用して行います。

「いせ込み」とは、平面である布に丸みをつけて立体的に縫製する特別な技法のことです。
表面の厚い3層メッシュ素材と裏側の薄くストレッチ性のある生地との重なり具合で、口元へのまとわり感が変わってきます。
この微妙な差が出る立体成形のため「いせ込み」技術を駆使しています。


【商品概要】
商品名 : 呼吸するアウトドアマスク 抗菌消臭
種類別名称: フェイスマスク
小売価格 : Lサイズ(男性用)1,980円(税込)
Mサイズ(女性用)1,900円(税込)
発売日 : 2020年8月18日(火)
販売店 : SA-CHE 公式オンラインストア
URL : https://sa-che.shop


【商品特徴】
・繊維の自己呼吸機能で快適。さらに飛沫防止が向上。
・メッシュ素材で通気性、速乾性が良好。
・野外使用に耐える丈夫で扱いやすいパーツと長さ調節機能。
・口元にまとわりつかない縫製技術。
・内側ポケットにフィルター等を挿入可能。
・洗濯可能で繰り返し使える。
・抗菌消臭
※ウィルス・感染症・花粉等のカットや予防効果を保証するものではありません。


【会社概要】
会社名 : 有限会社スタイロ
代表者 : 秋田 太志
所在地 : 愛知県名古屋市緑区桃山2-171
TEL : 052-879-2755
URL : http://stylo-web.com
E-Mail : info@stylo-web.com
事業内容: バッグ鞄 小物製品の製造・販売


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?