国際ロータリー第2700地区 第6グループが「フードバンク支援事業」を実施

より多くの人々の人生を豊かにすることはロータリアンに与えられた使命であり、そのためにはより多くの同じ理念を持つロータリアンが必要です。
そのために、世界各地で7つの重点分野(「平和と紛争予防・解決」「疾病予防と治療」「水と衛生」「母子の健康」「基礎教育と識字率向上」「経済開発と地域開発」「環境保全」)に焦点をあてた奉仕活動が今年度(2021年7月~2022年6月まで)行われています。

国際ロータリー第2700地区(福岡県を中心に一部佐賀県・長崎県がそのエリア、全61クラブ 約3,200名)においても同様に、緊急事態宣言解除となった2021年10月より本格的に奉仕イベントを実施しています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/286969/LL_img_286969_1.jpg
ロータリー奉仕デー

(参考:2021-22年度国際ロータリー会長 シェカール・メータ メッセージより抜粋)
ロータリーが私の心に火をつけました。自分の身の回りを超えたところに目を向け、人類全体を考えるようになりました。奉仕が私の生き方となったのです。
“奉仕とは、自分がこの地上に占める空間に対して支払う家賃である”という信条を持つようになりました。今日、奉仕のニーズはさらに高まり、明白になっています。
来るロータリー年度には、人びとのために奉仕し、その人生をより豊かにするために援助していただけるよう、切にお願いいたします。
この理由から、2021-22年度の私たちのテーマは、「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」(Serve to Change Lives)といたします。


■開催概要
イベント名 :第6グループ フードバンク支援事業
担当ロータリークラブ:鳥栖ロータリークラブ、小郡ロータリークラブ、
浮羽ロータリークラブ、甘木ロータリークラブ
協力団体(参加者) :鳥栖市社会福祉協議会、鳥栖商工会議所青年部、
鳥栖商業高等学校インターアクトクラブ、
あーすちゃれんじゃー(小郡)、
大刀洗町社会福祉協議会
開催日時(贈呈式) :12月1日(水)10:00 鳥栖市社会福祉協議会 2F
12月16日(木)15:00 大刀洗町社会福祉協議会
支援物資 :レトルト食品、パスタ麺・インスタントラーメン・
カップラーメン・パックご飯・ふりかけ・海苔の佃煮
・お子様用のお菓子など、保存期間が長いもの
内容について :
コロナ禍において、これまで以上に生活の厳しい「生活困窮家庭」が増え、フードバンク事業を展開している各団体も米や保存食を収集する事に苦労しているようです。そこで我々がプロジェクトを立ち上げ食品等を収集し、その保管庫を提供することで、「食品ロス」を少なくし、子供たちを生活困窮から救うとともに、ロータリー財団重点分野の「母子の健康」や「基本的教育と識字率向上」に繋がると確信致します。


■国際ロータリー第2700地区
ガバナー : 貫正義(福岡南RC所属)
ガバナー事務所所在地: 福岡市博多区博多駅前2丁目1-1
電話 : 092-481-2650
会員数 : 約3,200名
クラブ数 : 61クラブ
URL : https://2700rid.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?