地方移住・コスメ起業にむけた体験プログラムを佐賀県唐津市で開催しました

一般社団法人ジャパン・コスメティックセンター(所在地:佐賀県唐津市)は、NPO法人Network Stationまつろ(所在地:佐賀県唐津市)と連携し、佐賀県唐津市への移住体験にコスメビジネス体験を加えたプログラムを2月3~5日、8~10日に唐津市内で開催しました。

参加されたのはHair&Make-upアーティストの永井さん、コスメ企業にお勤めの柿川さんです。お2人とも、「自分のオリジナルコスメブランドを持ちたい」との希望から体験プログラムに参加されました。

■永井さんの体験プログラム
永井さんは、敏感肌用のスキンケア商品を開発したい。との思いからプログラムに参加いただきました。プログラムは、(1)地産素材の収穫体験 (2)原料化体験 (3)OEM企業相談 (4)コスメ起業家ヒアリング (5)専門家によるマーケティング、流通の個別セミナーを実施。
永井さんからは、「一番知らなかった部分は流通。オリジナルブランドを持つにあたり、流通の仕組み構造についてアドバイスを頂けたのはとてもためになった。また、机上だけではなく、体験型が濃密な時間となり、オリジナルブランドを持つという事が今回の経験を通じて自分の中で明確になった。」と感想をいただきました。

■柿川さんの体験プログラム
柿川さんは、現在、お勤めの会社にてコスメの開発などを行っておられ、ゆくゆくは自分のブランドを持ちたい。開発にあたっては有田焼も利用したいとの思いからプログラムに参加されました。柿川さんのプログラムは(1)地産素材の収穫体験 (2)原料化体験 (3)OEM企業相談 (4)有田焼の製造・販売企業相談 (5)専門家によるマーケティング、流通の個別セミナーを実施。
柿川さんからは、「自分のブランドをつくることが、夢話ではなくなり、一歩前進することができた。唐津に来て様々な方とつないでもらったことで多くのヒントを得ることができた。」と感想をいただきました。

■今後の展開
ジャパン・コスメティックセンターでは、2019年度も地域に関心があり、コスメ起業をお考えの方に体験プログラムを企画・提案していく予定です。


■ジャパン・コスメティックセンターについて
人と環境にやさしく、地域資源と優れた技術を活かした国際的コスメティッククラスターを具現化する推進団体。コスメティック分野のビジネス環境を産学官の連携により整備し、多様な人材交流と技術集積による地域資源を活かした経済活動の活性化と、グローバル市場への展開を図る推進体制を構築。
 様々な「つながり」と「場」をコーディネートしながら地域と産業界の今と未来を「アツく」する。
<団体概要>
団体名:一般社団法人ジャパン・コスメティックセンター(Japan Cosmetic Center)
所在地:〒847-0013 佐賀県唐津市南城内1-1 大手口センタービル4階
TEL:0955-53-8700  FAX:0955-58-8655  E-mail:info@jcc-k.com
URL:公式サイト http://www.jcc-k.com/
紹介動画   https://www.youtube.com/watch?v=qXkdgpZCOI4
HanaMarche https://www.facebook.com/hanamarchebeauty/

■Network Stationまつろについて
Network Stationまつろは地域社会の豊かさを実現するために、地域における様々な活動をされている団体のネットワークの確立、機動力の向上、事業効果の発展に寄与することを目的に、唐津市のCSO中間支援組織として設立されました。
 近年は唐津市内大手口センタービル3階の市民交流プラザ運営や、唐津市お試し移住事業運営の業務委託を唐津市より受け、それぞれの事業を行っています。また、唐松地域づくり協議会事務局、唐津よかもん振興会事務局としての活動も行っています。
<団体概要>
所在地 佐賀県唐津市南城内2-6
電話:0955-70-0303  FAX:0955-70-0304  E-mail:npo-nsm@vc1.people-i.ne.jp
URL:公式サイト http://matsuronet.com/
(唐津Switch公式サイト http://matsuronet.com/karatsu-switch/)


【本リリースに関するお問い合わせ先】
一般社団法人ジャパン・コスメティックセンター  担当:小田切
TEL:0955-53-8700   FAX:0955-58-8655   E-mail:info@jcc-k.com

【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?