培養肉の市場規模は2028年までに348.8百万米ドルに達する見込み


画像 : https://newscast.jp/attachments/Xx7p78PL1O6HLuGQ2Jnw.png


Report Oceanの最新調査によると、世界の培養肉市場規模は2028年までに348.8百万米ドルに達すると予想されています。レポート「培養肉市場 - 生産技術別(足場ベース技術、自己組織化技術、細胞培養媒体)、供給源別(魚介類、牛肉、鶏肉、豚肉)、最終用途別(ソーセージ、ナゲット、ミートボール、ホットドッグ、ハンバーガー)、地域別、世界の機会分析と業界予測2028年」は、現在の市場ダイナミクスを詳細に把握し、今後の市場成長に関する分析を提供しています。
培養肉市場は、予測期間中に成長が見込まれています。消費者は、健康的でクリーンな食習慣を重視し、コレステロールの摂取量を減らすために、培養肉の消費に傾いています。また、消費者のビーガンやベジタリアン食への移行も、培養肉の需要を高めています。動物愛護に関する意識の高まり、食肉製品の需要の増加、食品の安全性向上の必要性、可処分所得の増加などが市場成長の要因となっています。


レポートの範囲を確認するためのリクエスト: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=BWCC129


世界の培養肉市場への投資が増加していることから、企業、メーカー、民間団体が協力して、より幅広い用途への拡大と対応を図っています。2018年1月、Tyson Foods, Inc.は、動物の細胞から培養肉を生産することを目指しているフードテック企業であるMEMPHIS MEATS社に投資を行いました。
この投資は、世界的に高まっているタンパク質の需要に応えることを目的としています。今回の投資により、環境、動物福祉、公衆衛生に関する課題に対処するため、培養肉市場への参入を目指します。
予測期間中、ナゲット分野が最も高いシェアを占めると予想されています。健康的なスナックや外出先での食事の需要が高まっていることが、このセグメントの需要を高めています。この分野の企業は、子供や高齢者などの特定の層に向けた健康的なスナック製品を開発しています。
培養肉を製造するためのさまざまな技術には、足場ベースの技術、自己組織化技術、細胞培養液などがあります。自己組織化技術は、複雑な構造を持つ培養肉製品の製造に用いられる。ステーキのような複雑な構造物を作るには、動物組織の摘出物を使った3次元組織の製造が必要である。
培養肉のさまざまな供給源には、魚介類、鴨肉、牛肉、鶏肉、豚肉などがあります。家禽類は、他の培養肉に比べて細胞構造が単純で、製造が容易であることから、予測期間中に最も高いシェアを占めると予想されています。
消費者の間では、健康効果、健康維持、減量、栄養ニーズに関する意識が高まっており、これがこの分野の成長を支えています。さらに、可処分所得の増加と多忙なライフスタイルにより、消費者は外出先でも食事の代替品を選ぶようになり、市場の成長を促進しています。
北米は2019年に最大の市場となり、予測期間中もその優位性を維持すると予想されています。人口増加、高い可処分所得、ファストフード製品の需要増加が同地域の市場成長を牽引しています。
また、都市化の進展、環境意識の高まり、技術の進歩もこの地域の市場成長を支えています。この地域の消費者は、健康的な食生活の重要性をますます認識するようになっています。そのため、必要な栄養を供給し、食の安全性を高めるために、培養肉生産の必要性が高まっています。
技術の進歩と研究開発への投資の増加により、企業は顧客の維持と市場シェアの獲得のために協力しています。また、製品ポートフォリオの拡大も、この業界に見られる傾向です。


主要プレイヤー


主要な市場参加者には、バイオフードシステムズ社、インテグリカルチャー社、ニューエイジミーツ社、バレティックフーズ社、メンフィスミーツ社、アレフファームズ社、シーフューチャー・サステナブルバイオテック社、ハイヤーステーキ社、ジャスト社、モサミート社、アバンミーツカンパニーリミテッド社、アップルトンミーツ社、キュービックフーズ社、ミッションバーンズ社、ブルーナル社などがあります。


セグメント別。


培養肉製造技術の展望(売上高、USD Million、2016年~2028年


足場ベースの技術
自己組織化技術(Self-Organizing Technique)
細胞培養メディア
その他


培養肉の供給源の展望(収益、USD Million、2016年~2028年


シーフード
鴨肉
牛肉
家禽類
豚肉
その他


培養肉の最終用途の展望(売上高、USD Million、2016年~2028年


ソーセージ
ナゲット
ミートボール
ホットドッグ
ハンバーガー
その他


培養肉の地域別展望(売上高、USD Million、2016年~2028年


北アメリカ
アメリカ
カナダ
ヨーロッパ
ドイツ
イギリス
フランス
イタリア
スペイン
オランダ
オーストリア
アジア・パシフィック
中国
インド
日本
韓国
マレーシア
インドネシア
ラテンアメリカ
ブラジル
メキシコ
アルゼンチン
中近東・アフリカ
サウジアラビア
南アフリカ共和国
イスラエル
アラブ首長国連邦


レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=BWCC129


私たちに関しては:
私たちは業界で最高の市場調査レポートプロバイダーです。 Report Oceanは、今日の競争の激しい環境で市場シェアを拡大するトップラインとボトムラインの目標を達成するために、クライアントに品質レポートを提供することを信じています。 Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、業界向けの「ワンストップソリューション」です。




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?