外傷性脳損傷の評価・管理装置の市場規模は、2027年までに54億3000万米ドルに達する見込み


画像 : https://newscast.jp/attachments/TiRXGb9hm7Oro7FN9JgH.png


世界の外傷性脳損傷評価・管理デバイス市場規模は、2027年には54億3000万米ドルに達する見込みです。Report Oceanが追加した「世界の外傷性脳損傷評価・管理デバイス市場レポート」は、この市場の特徴、規模と成長、セグメンテーション、地域・国別の内訳、競合状況、市場シェア、動向、戦略などを詳細に分析しています。地域別に市場の歴史的成長と予測を辿っています。
外傷性脳損傷は、世界中で年間多数の患者が発生する大きな公衆衛生問題です。TBI患者が入院する最も一般的な理由の一つは転倒であり、自動車事故もそれに伴います。
CDCによると、米国では350万人がTBIに関連する慢性的な障害を抱えています。そのため、交通事故や怪我の増加によるTBI患者数の増加に伴い、TBI評価・管理装置の市場が拡大することが予想されます。


レポートの範囲を確認するためのリクエスト: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=BWCC208


頭蓋内圧の上昇は、脳の損傷により、あるいは脳の損傷に伴って頭蓋内の圧力が上昇することで起こります。頭蓋内圧コントロールシステムと機器は、生命を脅かす深刻な医学的問題となりうる頭蓋内圧のモニタリングを支援します。
重要な組織を押したり、脳への血流を制限したりすることで、圧力が脳や脊髄にダメージを与える可能性があります。この分野の成長は、頭部外傷の症例数の増加と神経変性疾患の流行が後押ししています。さらに、頭部外傷に対する社会的認識の高まりや技術の進歩も、外傷性脳損傷評価・管理機器の市場成長を後押ししています。


主要プレイヤー


外傷性脳損傷評価・管理装置業界には、バイオディレクション社、コンピュメディクス社、ニューラル・アナリティクス社、エレクタ社、ナトゥス・メディカル社、インテグラ・ライフサイエンス社、ブレインスコープ社、日本光電工業株式会社などの企業が参入しています。
さらに、外傷性脳損傷評価・管理装置の市場は、業界各社が新技術の導入や新製品の発売により、予測期間中の成長を促進すると予想されています。また、各企業が採用しているいくつかの拡大戦略により、市場での競争が激化することが予想されます。
例えば、2021年2月、米国食品医薬品局は、13歳以上のアスリートが運動時に首に装着することで、繰り返される打撲下頭部衝撃の影響から脳を保護するための新製品の販売を承認しました。このシステムは、脳損傷に関連するいくつかの脳の変化の頻度を減少させるのに役立ちます。


外傷性脳損傷の評価・管理デバイス、デバイス展望


イメージングデバイス
磁気共鳴画像(MRI)装置
X線
コンピュータ断層撮影装置
その他
モニタリング機器


外傷性脳損傷の評価および管理デバイス、技術展望


脳組織内酸素分圧(pBrO2)
頭蓋内圧(ICP)モニタリング


外傷性脳損傷の評価および管理デバイス、エンドユースの展望


病院
診断センター
その他


外傷性脳損傷の評価および管理デバイスの地域別展望


北アメリカ
米国
カナダ
欧州
フランス
ドイツ
イギリス
イタリア
スペイン
オランダ
オーストリア
アジア・パシフィック
中国
インド
日本
マレーシア
韓国
インドネシア
南北アメリカ
メキシコ
ブラジル
アルゼンチン
中近東・アフリカ
アラブ首長国連邦
サウジアラビア
イスラエル
南アフリカ


レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=BWCC208


私たちに関しては:
私たちは業界で最高の市場調査レポートプロバイダーです。 Report Oceanは、今日の競争の激しい環境で市場シェアを拡大するトップラインとボトムラインの目標を達成するために、クライアントに品質レポートを提供することを信じています。 Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、業界向けの「ワンストップソリューション」です。




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?