忘れらんねえよ「あいつロングシュート決めてあの娘が歓声をあげてそのとき俺は家にいた」が主題歌に決定 メ~テレドラマ「ヴィレヴァン!」5月13日(月)スタート!

忘れらんねえよが2018年12月にリリースしたミニアルバムのリードチューン「あいつロングシュート決めてあの娘が歓声をあげてそのとき俺は家にいた」が、メ~テレドラマ「ヴィレヴァン!」の主題歌に決定いたしました。
リア充たちが青春を楽しんでいる最中、そんな世界とは無縁で一人家にいる男のことを歌うこの曲は、その長すぎるタイトルも含めて、まさに「サブカル」です。ヴィレヴァンで奇跡のような青春を過ごす<若者たち>の主題歌としてぴったりです。ドラマと主題歌のこれ以上ないコラボレーションにご期待ください。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/181197/LL_img_181197_1.jpg
忘れらんねえよ


<主題歌に決定した「忘れらんねえよ」柴田隆浩さんのコメント>
■「あいつロングシュート決めてあの娘が歓声をあげてそのとき俺は家にいた」について
光あるところに、影あり。
パリピあるところに、陰キャあり。
僕らは陰キャ側の歌を歌います。
そしてこっち側の人間こそが、なんかすげーことができると信じています。
そんなことを歌った歌です。

■主題歌決定の感想
まじ?この曲でいいの…?と思いましたw
ヴィレヴァンの売りたいものを売る、売りたくないものは売らねえ、という精神性はまさにパンクロックだと思います。
そのドラマに使ってもらえてうれしいです。

■視聴者へのメッセージ
僕、個人的に主役の岡山天音さんが大好きで。
一緒に彼の演技を楽しみに待ちましょう!


★メ~テレドラマ『ヴィレヴァン!』とは。
名古屋が生んだ、奇跡の本屋「ヴィレッジヴァンガード」。全国で350を超える店舗数を誇る「本屋」・・。
しかしそこには、ベストセラーも新刊もない。ビリヤード台に本を山積みにし、派手な外車が置いてある。
車・ジャズ・アウトドア・映画。店長の趣味で集められた本の脇には、謎の雑貨たち。意味不明なポップを嬉々として並べる個性的な店員たちは、遊びなのか仕事なのか、もはや分からない。でも、最高に面白い!!自称「空っぽ」の大学生・杉下啓三(岡山天音)は、ヴィレッジヴァンガードで衝撃的な出会いをする。儲け度外視でガラクタに溢れた店、常に行方不明の店長、常識からかけ離れた変人バイトたち・・でもそこには、彼の人生に必要な「全て」があった―これは、ある青年と仲間たちが過ごした、ハチャメチャで刺激的な青春の日々の物語。


【番組概要】
■タイトル :メ~テレドラマ「ヴィレヴァン!」
■監督 :後藤庸介/脚本:いながききよたか
■プロデューサー:高橋孝太(メ~テレ)、太田雅人(メ~テレ)、
松岡達矢(メ~テレ)、後藤庸介
■出演 :岡山天音、森川葵、最上もが、本多力、
柏木ひなた(私立恵比寿中学)、水橋研二、平田満、滝藤賢一
■ナビゲーター :落合福嗣
■主題歌 :忘れらんねえよ
「あいつロングシュート決めてあの娘が歓声をあげて
そのとき俺は家にいた」
■放送日時 :5月13日(月)スタート 毎週月曜 深夜0:59~1:29
■放送エリア :東海3県(愛知・岐阜・三重)
■TVer、GYAO!にて見逃し配信


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?