愛犬と過ごす“新しい生活様式”にマッチした新サービスが誕生!ドッグフード専門店「ごはんの窓口 松屋銀座店」が1月28日(木)オープン

株式会社カラーズ(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:佐久間 敏雅)は、松屋銀座7階に「ごはんの窓口 松屋銀座店」を2021年1月28日にオープンいたします。
新しい生活様式でおうちでの過ごし方が見直され、“癒し”欲求が強まるなか、新たな家族としてペットを迎える家庭が増えています。しかし一方で新たにペットを飼う家庭はもちろんのこと、既存飼い主の約75%(*1)が愛犬の食事に関する悩みを抱えているという調査結果もあります。「ごはんの窓口」では、Withコロナ時代においても生涯にわたって安心に愛犬の食事をサポートするため、「リアル店舗×サブスクリプション」によるペットフードサポートサービスを展開いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/243776/LL_img_243776_1.png
ごはんの窓口松屋銀座店イメージ

■【Withコロナ】時代の「リアル店舗×サブスクリプション」システムとは?
コロナ禍の影響を受け様々な業態で実店舗の在り方が問われる中、日本を代表する老舗百貨店 松屋銀座にオープンするのが「ごはんの窓口」の“リアル店舗×サブスクリプション”の新たなドッグフードサポートサービスです。
ごはんの窓口 松屋銀座店では店頭での専門家によるペットオーナーへのカウンセリングを基に、愛犬に最適なプレミアムドッグフードを60種類以上の中からご提案し、その場で定期購入もしていただけます。その後も「ごはんの窓口オリジナルサブスクリプションシステム」により、愛犬の年齢や健康状態の変化に合わせてその時々に最適なドッグフードをご提案していき、生涯にわたって愛犬の食生活をサポートいたします。実店舗のリアルの強みを活かしながら、サブスクリプションとして継続的に顧客ペットオーナーとの関係を築いてまいります。


■ごはんの窓口 サービス利用の流れ

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/243776/LL_img_243776_2.png
サービス

■愛情とともに拡大するペット市場、キーワードは「健康」と「食事」。資格を取得した専門家「ペットフーディスト」が一頭一頭に寄り添います。
2019年の犬猫の飼育頭数は約1,857万匹と15歳未満の子どもの数を上回りました。さらに犬1頭当たりの生涯出費額は2年間で25%増加しています。愛犬を子どもやパートナーと同じ、大切な家族の一員と考える“家族化”によって拡大するペット市場は、飼い主から愛犬への愛情の表れとも言えるでしょう。一方で、犬の平均寿命は年々伸びており、高齢化によって疾病も多様化。高まる飼い主の健康志向は食事への関心にもつながり、ドッグフードの出費額は2年間で14.5%増加しています。(*2)


■しっかり相談できる、専門家による“1頭1頭と向き合った”カウンセリングを実現
ごはんの窓口のスタッフは全員、資格を取得した犬の食事の専門家“ペットフーディスト”です。着席した状態でゆっくりとお話を伺い、厳選された60種類以上のフードの中から、愛犬に最適なドッグフードのご提案や食事のアドバイスをいたします。カウンセリングでお伺いした内容はカルテに記録し、長期的なサポートを実現します。
ペットフーディストによるカウンセリングを通じて愛犬の健康状態や現在の食事の様子などを伺い、1頭1頭の愛犬に最適なドッグフードをご提案いたします。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/243776/LL_img_243776_3.jpg
カウンセリング1

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/243776/LL_img_243776_4.jpg
カウンセリング2

■安心、安全にこだわった高品質なプレミアムドッグフードを厳選
大切な愛犬が食べるものだからこそ、ドッグフードも人間の食事と同レベルの安全性にこだわります。独自の安全基準をクリアした、ヒューマングレードの「プレミアムドッグフード」しか取り扱いません。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/243776/LL_img_243776_5.png
食品安全基準
厳選した商品を組み合わせ、1ヵ月分およそ5,000円~15,000円のフードプランをご提案いたします。
(商品、愛犬の体重や健康状態、お届けサイクルによって金額は異なります。)

■お客さまから続々と寄せられる”喜び”の声たち!
ごはんの窓口は2020年3月に1号店となる丸井吉祥寺店をオープン。月100件(*3)以上のカウンセリングにお応えし、お客さまから「悩みが解消した」「しっかり選べて安心できた」など、たくさんの喜びのお声をいただいております。

●きちんと選べる安心感があります。

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/243776/LL_img_243776_6.jpeg
お客様の声1

何となくフードを選んでいたので、その時にあげているごはんがその子に合っているのか自信がありませんでした。ごはんの窓口ではきちんとカウンセリングした上でフードを選べるので、飼い主側の安心感も得ることができました。
東京都 Hさん メイちゃん 2歳 イタリアン・グレーハウンド

●よく食べてくれるようになりました!

画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/243776/LL_img_243776_7.jpeg
お客様の声2

高齢で胃腸が弱くなってしまい消化器をサポートするフードなどを食べさせていましたが、なかなか食べてくれずに痩せてしまいました。ごはんの窓口のカウンセリングで提案していただいたフードが合っていたようで、よく食べるようになりました。
東京都 Mさん ココちゃん 14歳 トイ・プードル


■店舗概要
店舗名 : ドッグフード専門店 ごはんの窓口 松屋銀座店
所在地 : 〒104-8130 東京都中央区銀座3-6-1 松屋銀座7F
電話番号 : 03-5579-5076(オープン時に開通)
営業時間 : 10:00~20:00 ※1月12日(火)から当面の間11:00~19:00
売場面積 : 7.8坪
取扱商品 : ドッグフード、おやつ、サプリメント、ケア用品、雑貨(一部)
品目数 : 約400種
ウェブサイト: https://www.inu_gohannomadoguchi(1月26日公開予定)


■会社概要
商号 : 株式会社カラーズ
代表者 : 佐久間 敏雅(サクマ トシマサ)
所在地 : 〒657-0036
兵庫県神戸市灘区桜口町4-1-1 ウェルブ六甲道4番街1番館402
設立年月 : 2000年7月
資本金 : 50,000千円
ホームページ: https://www.colorzoo.com/

<代表者紹介>
1992年に東京大学法学部卒業後、P&Gマーケティング本部入社。
紙おむつや生理用品などのマーケティング戦略・プロモーション・CM開発などを担当後、ウィスパーアジアストラテッジクプランニングマネージャーとして、アジアにおける生理用品の製品戦略ならびにブランド戦略立案や、日本のパンパースブランドのマネージャーなどを歴任。阪神・淡路大震災をきっかけに犬と出会い、犬との生活の中で感じた違和感をもとに起業を決意。2000年2月に同社を退社後、同年7月に株式会社カラーズを設立。現在は「GREEN DOG」事業のほか、人材育成事業、動物病院事業、卸売事業を展開中。


(*1)GREEN DOGメールマガジン読者アンケート 2020年2月実施(n=440)
(*2)一般社団法人ペットフード協会 令和元年 全国犬猫飼育実態調査
(*3)ごはんの窓口 丸井吉祥寺店 2020年6月実績


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?