成田ゆめ牧場、ウシ型「キッチンカー」を導入!酪農業をもっと身近に!明治20年創業以来の思いを乗せ走る

千葉県の観光牧場「成田ゆめ牧場」(代表取締役:秋葉 秀威/千葉県成田市)では、当牧場初となる牽引型移動販売車「キッチンカー」を導入いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/169651/LL_img_169651_1.jpg
ゆめこちゃんキッチンカー

https://www.atpress.ne.jp/releases/169651/img_169651_2.jpg
高さ:3,721mm
長さ:5,186mm
幅 :2,146mm

当牧場では、外部販売事業として催事やお祭りなどに出店しており、業績はここ数年右肩上がりの好調を記しております。しかし、食品販売法や設備関連の理由で依頼を頂いても出店を断念せざるを得ないという課題がありました。牽引型移動販売車「キッチンカー」を導入することで多様な形態の出店が可能となり、さらなる外部販売事業の業績向上を目指します。常時販売を行うのは「自家製ジェラート」で、そのほかイベント開催場所、季節等に合わせてドリンクや焼き物、物販等を行う予定です。(ソフトクリームは保健所の規定として動物性脂肪の現場加工が禁止されている場所が多いため販売いたしません)

「キッチンカー」の外装は、当牧場のイメージキャラクター“ゆめこちゃん”の形をしており、道路を牽引されるその姿はまさに“巨大な牛”です。首元には巨大な鈴があり、実際に鳴らすことも可能です。また内部には鳴き声スイッチがあり、リアルな牛の鳴き声を発します。お尻部分に出入り口があり、お腹の一部のシャッターを開けて販売を行います。

あえて奇抜なゆめこちゃんのデザインを採用したのは、当牧場のPR効果はもちろんですが、後継者不足により身近だったはずが遠い存在になってしまった酪農業を現代社会に再度注目させたい、そして“牛”を身近に感じてもらいたいという目的も含まれています。牛乳本来のおいしさをより多くの人たちに伝えたいという明治20年創業以来の思いを乗せて、ゆめこちゃんキッチンカーが走ります。

【催事出展予定】
2018年11月9日(金)~11日(日) :サイクルモードインターナショナル2018 (於:幕張メッセ)
2018年11月30日(金)~12月2日(日):東京コミックコンベンション (於:幕張メッセ)
2019年1月12日(土)~13日(日)・19日(土)~20日(日):ふるさと祭り東京 (於:東京ドーム)


【成田ゆめ牧場】
1987年開園。前身の搾乳専業牧場は明治20年(1887年)創業。創業100年を機に、約9万坪の敷地面積を有する観光牧場に事業転換。約80頭の牛のほか、ヤギ・ヒツジなどとの触れあいが楽しめる。「全国穴掘り大会」などのイベントのほか、通信販売・外部店舗なども積極的に展開。製造から加工、販売まで一貫した6次産業経営を行っている。

所在地 : 〒289-0111 千葉県成田市名木730
アクセス: 車……圏央道下総ICより約2分
電車…JR成田線滑河駅より無料送迎バス10分
TEL : 0476-96-1001
営業日 : 年中無休
URL : http://www.yumebokujo.com/


【本件に関するお客様からのお問い合わせ先】
成田ゆめ牧場
0476-96-1001


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?