新羅慎二(湘南乃風 若旦那)×イガリシノブ 特別講演会 ヘアメイク業界で活躍するための秘訣

株式会社バンタン(本部:東京都渋谷区 代表取締役会長:石川広己)が運営するファッション、ヘアメイク、グラフィックデザイン、映像のスクール バンタンデザイン研究所は、ミュージシャンや俳優などマルチに活躍する新羅慎二(湘南乃風 若旦那)とヘアメイクアップアーティスト・イガリシノブさんによるトークセッションを5月26日(日)に開催しました。本講演会は、ヘアメイク業界を目指す在校生向けに開催され、100名が参加。新羅氏をパーソナリティーとし、イガリシノブさんの経歴を通して培った経験や人生観、またメイクテクニックやその勉強法について対談しました。






新羅氏は昨年、バンタンの複合型デビューイベント“VANTAN CUTTING EDGE”にて審査員を務めたことをきっかけに、在校生向けの特別講義を2度開催。「業界の第一線で活躍するクリエイターのお話をバンタンの学生たちに届けたい」との新羅氏の思いから、今年は新羅氏をメインパーソナリティーとして数々のクリエイターをゲストにお呼びするトークセッションを6回に渡り開催する予定です。
その1回目となる今回の講演会は、数々の著名人のメイクを手掛け、トレンドメイク「イガリメイク」を生み出すなど、ヘアメイク業界の第一線で活躍するイガリシノブさんをゲストに招き、バンタンでヘアメイクを学ぶ学生に向けて「業界で活躍するための秘訣」について対談しました。
講演会では、バンタンへの入学のきっかけを初め、ヨーロッパでのバックパッカー生活や、アルバイトやアシスタントの下積み時代から独立までのイガリ氏の経歴を紹介し、昨今の活躍につながる数々の努力や人生観について話しました。また、学生時代に習っていた剣道を通してマインドの強さを鍛えられたとし、様々なことを経験する重要性を伝えました。更にはヘアメイクのアドバイスとして、顔の骨格は世代によって異なることを説明し、それぞれの世代に合ったメイクのポイントを解説しました。

■ 参加学生からのコメント
イガリさんや新羅さんの下積み時代の努力や、仕事をする上での考え方を教えていただきました。継続することの重要性に気付かされ、日々の行動を心掛けていきたいと思いました。私もヘアメイクの業界で活躍できる人になりたいというモチベーションが上がり、私たちがやるべきことを知ることができた、夢のような講演会でした。

■ 学生に向けたメッセージ
【イガリシノブさん】
今の時代はたくさんの情報がありますが、全てを吸収しようとするのではなく、良い所だけを掻い摘んで吸収してください。やりたいと思ったこと全てに取り掛かろうとすると抱えきれずに挫折してしまうこともあります。数を絞ることで集中的に学び、継続して取り組むことができるようになります。そして、挫折しそうになった時も落ち込まず、初心を忘れずにどんどん前に進んでいってほしいです。ヘアメイクを学ぶ皆さんには20年後、同じ土俵に上がってきてほしいと思います。

【新羅慎二さん】
将来を考えた時、30歳がピークになるように想像しながら設計してほしいです。そこから先は何も見えていなくてもいい。若さのポテンシャルを使って30歳まではがむしゃらに、ボロボロになってでも駆け上がってください。30歳までに築き上げるキャリアは一生のものになります。

■ 「新羅慎二(若旦那)さん×イガリシノブさん SPECIAL TALK SESSION」開催概要
日時: 5月26日(日) 16:30~17:30
場所: バンタンデザイン研究所 デザイナーズメゾン(東京都渋谷区恵比寿南1-9-14)

■ 登壇者プロフィール



イガリシノブ (ヘアメイクアップアーティスト[BEAUTRIUM所属])
ファッション誌等に複数連載を持ち、雑誌・広告などのヘアメイクを手掛ける他、「WHOMEE」の化粧品開発ディレクターや、「BEAUTRIUM ACADEMY」等でメイク講師としても幅広く活動する。2015年に「イガリメイク、しちゃう?」(宝島社)を出版し、同年Yahoo!検索大賞メーク部門にて「イガリメイク」というワードが1位となる。2018年MBS「情熱大陸」に出演し、「裏イガリメイク、はいどうぞ。」(宝島社)を出版。宝島社のイガリメイクシリーズは累計17万部突破となる。似合わせのテクニックやユニークな発想でおしゃれ顔をつくる達人。独自の発想とテクニックで提案するメイクアップは、国内のみならずアジアでもブームを巻き起こし、多くの女優・モデルから支持されている人気アーティスト。





新羅慎二 (湘南乃風 若旦那)
2003年に湘南乃風のメンバー「若旦那」としてデビュー。2011年にはソロ活動をスタートさせ、2019年からは本名の「新羅慎二(にら・しんじ)」名義で活動している。自身のアーティスト活動の他にもプロデュースや作詞という形で、加藤ミリヤ、関ジャニ∞、JAMOSAといった様々なアーティストの作品に参加している。音楽活動以外には、ラジオパーソナリティーや漫画『センター ~渋谷不良同盟~』の原作、雑誌『SENSE』での連載、イラストや絵画にも表現の幅を広げており、2017年には本格的に俳優としての活動をスタートさせ、連続ドラマや映画、舞台にも出演。さらに社会貢献活動として、ムコ多糖症候群患者の支援や自然災害被災地の支援を継続的に行っている。

■ バンタンデザイン研究所
バンタンデザイン研究所は1965 年にスタートした「ファッション・ヘアメイク・デザイン・映画映像・写真分野」を中心としたプロを育成するクリエイティブ総合専門校。国内 2 拠点(東京・大阪)でスクールを運営し、ニューヨークのパーソンズ大学と日本で唯一の提携プログラムを持っています。現役プロのクリエイターを講師に迎え、ファッション、グラフィックデザイン、映像など様々な分野において業界と連携した実践型デザイン教育で、即戦力となる人材を育成する教育事業を展開しています。
・バンタンデザイン研究所 : http://www.vantan.com/  ・バンタンデザイン研究所高等部 : http://www.vantanhs.com/

■ Vantan (バンタン) http://www.vantan.jp/
1965 年の創立以来、クリエイティブ分野に特化して人材の育成を行っている専門スクール。 現役のプロクリエイターを講師に迎え、ファッション、ヘアメイク、ビューティ、グラフィックデザイン、映画映像、フォト、ゲーム、アニメ、マンガ、パティシエ、カフェ、フードコーディネーターなどの分野において、業界と連携した「実践教育」で即戦力となる人材を育成する教育事業を東京・大阪で展開、これまでに 19万人以上の卒業生を輩出しています。【東京・大阪】

【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?