日本初※!サスティナブルセレクトショップ「SAPOT」からサスティナブルな素材を組み合わせた『勝手にコラボ』第一弾のオリジナルアイテムが12月中旬発売決定!

株式会社エムヴィラージュが運営する「SAPOT」は日本のサスティナブルブランドの鞄・雑貨を専門に取り揃えたセレクトショップとして2019年10月にオープンし、この度日本初の試みとして、異なるサスティナブルブランドの素材を好きに組み合わせることのできる、まさに『勝手にコラボ』できる鞄を考案いたしました。『勝手にコラボ』第一弾として廃タイヤチューブと破棄消防ホースを素材にしたフラップショルダーバッグを2020年12月中旬に発売いたします。

※当社調べ

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/229169/LL_img_229169_1.jpg
『勝手にコラボ』第一弾オリジナルアイテム

■開発のきっかけ
日本のサスティナブルブランドといっても素材は多岐にわたります。それぞれのブランドには根強い固定のファンがいます。しかし他の素材の良さを体験できずにいるのも「SAPOT」としてはもったいないと感じておりました。
もっと気軽に他の素材に興味を持ってもらえる方法はないか、そんなことを考えていた時、ふと足元の靴紐に目が留まりました。
靴紐を好きな色に変えるように、鞄の一部を興味ある素材に気軽に変えられたら…。
そこで閃いたのが“フラップと本体を脱着できれば異なる素材の組み合わせが可能になるのでは”そんな考えを形にしたのが今回のフラップショルダーバッグです。


■製品の特長
フラップショルダーバッグは本体とフラップをファスナーで脱着できる仕様となっており、その日の気分、環境やファッションに応じて簡単にスタイルを変更できる仕様となっております。
ショルダーバッグ本体はあえてシンプルにし、フラップを変えて雰囲気を変えやすいよう意識しました。
B5サイズなら楽々収納でき、本体の表面に収納ポケット、フラップにもファスナーポケットが完備されており、ちょっとした外出にもおすすめです。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/229169/LL_img_229169_5.png
簡単にスタイルを変更できる仕様(1)

■『勝手にコラボ』シリーズ概要
〇フラップショルダーバッグ本体(タイヤチューブモデル)
品番 :SPS-001
価格 :12,000円(税抜)
カラー:ブラック
サイズ:W250mm×H190mm×D80mm
重さ :約450g
素材 :廃タイヤチューブ、ナイロン

〇フラップショルダーバッグ本体(消防ホースモデル)
品番 :SPU-001
価格 :12,000円(税抜)
カラー:ホワイト×ブラック
サイズ:W250mm×H190mm×D80mm
重さ :約370g
素材 :破棄消防ホース、ナイロン

〇フラップ(タイヤチューブモデル)
品番 :SPS-002
価格 3,500円(税抜)
カラー:ブラック・ブラック×シルバー
サイズ:W270mm×H200mm
重さ :約145g
素材 :廃タイヤチューブ、ナイロン

〇フラップ(消防ホースモデル)
品番 :SPU-002
価格 :3,500円(税抜)
カラー:ホワイト・オレンジ・パープル
サイズ:W270mm×H200mm
重さ :約125g
素材 :破棄消防ホース、ナイロン
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/229169/LL_img_229169_10.jpg
フラップショルダーバッグ 容量

【販売先】
SAPOTオンラインショップ: https://m-sapot.jp/
SAPOTアプリ : https://introduction.bp-app.jp/sapot/

<SAPOT直営店>
所在地 :大阪市西区南堀江1-22-3 TK南堀江1階
営業時間:12:00~20:00
TEL :06-6585-9700(受付時間 12:00~20:00)
定休日 :平日火曜日 第3木曜日


■会社概要
会社名 : 株式会社エムヴィラージュ
所在地 : 大阪市西区南堀江1-22-3 TK南堀江1階
設立 : 2019年4月1日
資本金 : 100万円
事業内容: サスティナブルブランドの販売・企画
URL : https://m-sapot.jp/


【お店に関するお客様からのお問い合わせ先】
株式会社エムヴィラージュ
Tel : 06-6585-9700
ホームページ: https://m-sapot.jp/
アプリ : https://introduction.bp-app.jp/sapot/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?