日本酒蔵元「南部美人」(岩手)がクラフトジンとクラフトウォッカを新発売!記念すべき初回生産分の限定「ザ・ファーストロット」は1本11,000円 8月18日(水)より先行発売

世界55カ国・地域に日本酒を輸出している株式会社南部美人(本社:岩手県二戸市、代表取締役社長:久慈 浩介)は、クラフトジンとクラフトウォッカの製造をスタートし、初回生産分のプレミアム限定商品「ザ・ファーストロット」を8月18日(水)より先行発売致します。地元の酒米“ぎんおとめ”をメインに使ったライススピリッツをベースに、地元の漆や活性炭を活用した“岩手テロワール”のスピリッツです。

記念すべき「ザ・ファーストロット」のみアルコール度数が60度と通常のジンやウォッカよりも高く、代表 久慈浩介が自ら製造番号を手書きで記入し、久慈のサイン入りです。さらに製造番号0001番の商品はオークションに出品致します。海外輸出も予定しており「ヴィーガン」認証も取得しました。日本酒の蔵元の創業119年目における大きな挑戦となります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/271815/LL_img_271815_1.jpg
プレミアム限定「ザ・ファーストロット」はそれぞれ2021本限定発売、1本11,000円(税込)

https://www.atpress.ne.jp/releases/271815/img_271815_1.jpg
▲プレミアム限定「ザ・ファーストロット」はそれぞれ2021本限定発売、1本11,000円(税込)


■創業から119年、コロナ禍に負けない南部美人の新たな挑戦!
新型コロナウイルスの影響で日本酒の需要が減り、酒米の需要にも大きく影響が出ています。これまで酒米栽培に一緒に取り組んできた農家さんへ“酒米余り”でご迷惑をおかけしないために、酒米を使った新たな酒類製造に挑戦。二戸市下斗米の「馬仙峡蔵」敷地内に新たに蒸留所を設け、2021年2月にスピリッツ製造免許を取得しました。

日本一の生産量を誇る地元・二戸市の特産品で、文化庁の日本遺産にも今年認定された浄法寺の「漆」(うるし)をクラフトジンのボタニカルに使用。クラフトウォッカは、岩手の県北振興のパートナーでお隣・久慈市の日本一の生産量を誇る「炭」(岩手産白樺の活性炭使用)で濾過。岩手県北部の“岩手テロワール”を意識した、岩手でしか作ることのできない新商品です。

初回生産の限定版を「ザ・ファーストロット」として、今年にちなみジン・ウォッカ各2021本を限定発売致します。ファーストロットの製造番号を代表 久慈浩介が手書きで記入し、さらに0001番の商品は9月23日に開催されるシンワオークションに出品予定です。このうちジンの落札額全額は二戸市に、ウォッカの落札額全額は久慈市にそれぞれ寄付し、漆の木や白樺の植樹などに使っていただく予定です。

いずれも当社のオンラインショップ( https://www.nanbubijin.jp/shopbrand/ct65/ )や全国の酒販店などで販売致します。すでに発売前から国内外の南部美人のファンから続々とご注文の問い合わせをいただいております。2回目生産以降の通常ロットは2021年9月の発売を予定。

さらに両商品とも日本で製造されるジン、ウォッカの中では初めて完全菜食主義者「ヴィーガン」の国際認定を取得致しました。海外の消費者にとっては「ヴィーガン」認証の酒であるかどうかが大事なポイントでもあるからです。北米・欧州など全世界へ輸出する予定で、1年目は700mlサイズで5,000本〜1万本の輸出を目標にしております。

https://www.atpress.ne.jp/releases/271815/img_271815_8.jpg
▲8月18日、岩手県内の記者会見でスピーチする久慈浩介氏
https://www.atpress.ne.jp/releases/271815/img_271815_12.jpg
▲新設した蒸留機
https://www.atpress.ne.jp/releases/271815/img_271815_13.jpg
▲酒米生産者と久慈社長(右)


■国内初!漆(うるし)を使った南部美人クラフトジン
商品名 :「南部美人 クラフトジン ザ・ファーストロット」
容量 :200ml
希望小売価格 :11,000円(税込)
アルコール度数:60度

https://www.atpress.ne.jp/releases/271815/img_271815_4.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/271815/img_271815_5.jpg
▲南部美人 クラフトジン ザ・ファーストロット


国内初の漆を使ったジン。ライススピリッツをベースアルコールとして、岩手県が誇る日本一の生産量で日本遺産にも認定された二戸市の「浄法寺漆(うるし)」をボタニカルに使用。ジュニパーベリーの爽やかでキレのある豊かな香りと、漆の木を一度炙ってボタニカルに使用しているので、後味に軽くスモーキーな香りを少しだけまとっています。さらに米由来からくる上品な旨みもありながらドライでスパイシーな味わいになっています。ロックや水割りでお召し上がりください。


■地元の活性炭で濾過した南部美人クラフトウォッカ
商品名 :「南部美人 クラフトウォッカ ザ・ファーストロット」
容量 :200ml
希望小売価格 :11,000円(税込)
アルコール度数:60度

https://www.atpress.ne.jp/releases/271815/img_271815_6.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/271815/img_271815_7.jpg
▲南部美人 クラフトウォッカ ザ・ファーストロット

ウォッカは「白樺の活性炭を使用してろ過する」という国際ルールがあります。岩手県の平庭高原は日本一の白樺美林と言われており、その岩手県産の素晴らしい白樺を活用しました。「岩手の森を守る」、SDGs発想のウォッカとして醸造に挑戦しています。米由来の豊かで上品な旨みとピュアで綺麗かつ、クリアーな純粋性が特徴です。アルコール度数は60度と高純度で、ロックや水割りで飲んでお楽しみください。


■記者会見では地元食材を使った料理とのペアリングも提案!
8月18日(水)には岩手県内で記者会見を開催。二戸市長 藤原淳様、久慈市長 遠藤譲一様、白樺木炭の生産者・谷地林業 谷地譲様、漆を提供する浄法寺うるしび 三角裕美様にもご登壇いただき、全国のメディア向けにオンライン記者会見も同時開催致しました。日本ソムリエ協会 岩手支部長 菊池拓様による新商品テイスティング&ペアリング料理のご提案も実施。またアメリカからのビデオメッセージもいただき、世界的に有名なNY初の醸造蔵「Brooklyn Kura」(ブルックリン・クラ)からも祝福と期待の声が寄せられました。

https://www.atpress.ne.jp/releases/271815/img_271815_9.jpg
▲会見登壇者の記念撮影
https://www.atpress.ne.jp/releases/271815/img_271815_10.jpg
▲展示ブース
https://www.atpress.ne.jp/releases/271815/img_271815_11.jpg
▲ソムリエ菊池氏によるテイスティング・シーン

https://www.youtube.com/watch?v=Xt4fXtoq_R4&t=2s
▲8月18日記者会見ライブ配信動画
https://www.youtube.com/watch?v=AZJUlfbd8mo&t=17s
▲新スピリット蔵リモート見学動画
https://www.youtube.com/watch?v=5Pje9fQaYSk&t=10s
▲【南部美人の挑戦】ジャパニーズ クラフトジン・クラフトウォッカ


【企業概要】
正式社名 : 株式会社南部美人
本社 : 岩手県二戸市福岡上町13
代表者 : 代表取締役社長 久慈 浩介
創業 : 1902年
URL : https://www.nanbubijin.co.jp
FB : https://www.facebook.com/NanbuBijin/
オンラインショップ: http://www.nanbubijin.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?