日比谷花壇、「インバウンドマーケットEXPO2019」に出展注目されているインバウンド需要、ナイトタイムエコノミー(夜遊び消費のマーケット)において、花緑で実現できる商品サービスの企画提案

株式会社日比谷花壇(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮島浩彰)は、2月19日(火)~22日(金)、東京ビッグサイトで開催される「インバウンドマーケットEXPO 2019」に出展します。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/176315/img_176315_1.jpg

インバウンド、ナイトタイムエコノミー需要を意識した観光施設に向けて、人に伝えたくなる体験・リピートしたくなる体験を四季の植物を通して提供します。
生花、造花など様々な素材の花、さらにイルミネーションやライトアップを掛け合わせ、屋内だけでなく屋外、昼間だけでなく夜間も利用できる季節体験演出プランとしてご提案します。また、ブース内では国産初のノンアルコールクラフトジンの試飲などもご用意しており、五感で感じる空間演出を体験していただけます。

出展詳細はこちら
https://www.hk-business.biz/infomation/?i=20&#info-2019-01-30

■「インバウンドマーケット EXPO 2019」概要
期間:2019年2月19日(火)~22日(金) 10:00~17:00(最終日は16:30まで)
開場:東京ビッグサイト 東展示棟7ホール
入場料:3,000円(税込) ※招待状持参者・事前登録者は無料
出展ゾーン:ナイトタイムエコノミーゾーン
日比谷花壇ブースNo.:7-P22

*ナイトタイムエコノミーについて
「夜の娯楽需要」を盛り上げることで、日本経済の活性化につながると注目されているマーケット。「外国人観光客の消費支出」を比べると日本は夜の娯楽による需要が少ないことから夜のマーケットを活性化させることで日本経済の向上に繋がると期待されています。

*株式会社日比谷花壇について http://www.hibiya.co.jp
1872年創業、1950年に東京・日比谷公園店の出店後、株式会社日比谷花壇を設立。現在、全国に約200店舗を展開。ウェディング装花、直営店舗及びオンラインショップでの個人/法人向けフラワーギフトの企画・政策・販売、お葬式サービス、各種空間装飾デザイン・ディスプレイ、屋上緑化の設計・施工等を行っています。 今後も、さまざまな日常の生活のシーンの中に、花とみどりのある生活文化を創造していきます。

================================================
日比谷花壇 企業サイト:http://www.hibiya.co.jp/
================================================


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?