星野リゾート 界 出雲ご縁をもとめて梅雨の出雲へ。良縁を運ぶ「縁雫巡り」開催期間:2019年6月1日~30日

島根の玉造温泉に佇む温泉旅館「星野リゾート 界 出雲」は、2019年6月1日~30日、良縁を運ぶ雨でご縁を結ぶ「縁雫(えにしずく)巡り」を開催します。島根県は「弁当は忘れても傘は忘れるな」と言われるくらい雨が多い地域です。旅にネガティブな印象を与えやすい雨ですが、縁結びの地である島根県の雨は良縁を運ぶ「縁雫」と呼ばれています。その文化にちなみ、当館では縁雫にまつわる、館内での設えやアクティビティで梅雨時の旅行に花を添えます。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/183716/img_183716_1.jpg

■ 「縁雫」を感じる4つのポイント

■ 1雨にぬれずに縁雫を感じる「和ンブレラスカイ」
山陰地方は雨、風、雪が多く、隣県の鳥取県ではそれらに耐える「淀江傘」という和傘が江戸時代より作られてきました。そんな古来より愛されてきた和傘を使用した「和ンブレラスカイ」が界 出雲に登場します。
和傘が湯上がり処の吹き抜けの天井と太鼓橋を彩ります。傘を開いた時の和紙の柄だけでなく、内部の骨組みの美しさは日本の伝統工芸を体現しています。頭上に広がる美しい和紙と竹の骨組みは、鮮やかさと繊細さを兼ね備え雨の日が芸術に変わることを実感します。そこに、傘と傘の間から雫が降り注いでいるような装飾を施し、雨にぬれずに島根県ならではの縁雫を感じることができます。

■ 2ご縁を結ぶ「雨音みくじ」
トラベルライブラリーにて、界 出雲オリジナルの「雨音みくじ」を楽しめます。おみくじには運勢や館内のラッキースポットといったメッセージが書かれており、引いたおみくじは館内の和傘に結ぶと、玉造温泉街にある玉造湯神社に奉納されます。屋外で降り注ぐ縁雫の雨音と一緒に運ばれてくるご縁を結ぶことができます。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/183716/img_183716_2.jpg

■ 3大切な人へご縁を運ぶ「遠距離手紙」
島根県の西部で作られる石州和紙を使用した界 出雲オリジナルのハガキに手紙を書きます。距離が離れていても大切な人へご縁を運ぶことができます。手紙はフロントでお預かりし、大切な方の元へお届けします。
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/183716/img_183716_3.jpg

■ 4万華鏡のような希少な品種のアジサイ「万華鏡」
敷地内にあるウッドデッキには、島根県が開発したアジサイ「万華鏡」を設えます。「万華鏡」は流通量が少なく希少性があり、ジャパンフラワーセレクションで最優秀賞を受賞しています。花の中心から縁に向かってグラデーションになっており、その色幅は、名前のとおり万華鏡を連想させます。縁雫が降り注ぐ中、雫の滴る万華鏡を愛でることで島根県ならではの梅雨とご縁を感じることができます。

■ 「縁雫巡り」概要
期間:2019年6月1日~30日
料金:無料
場所:湯上がり処・太鼓橋(和ンブレラスカイ)、
トラベルライブラリー(雨音みくじ・遠距離手紙)、ウッドデッキ(アジサイ)
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/183716/img_183716_4.jpg

星野リゾート 界出雲
神々の国・出雲の玉造温泉に佇む、全室露天風呂付きの宿。美肌の湯と名高い温泉を、お部屋でも存分にお楽しみいただけます。お食事は、しじみや蟹など、旬の食材をふんだんに使った会席料理。美しい日本庭園を眺めながら、茶室で松江の茶の湯文化を感じるのも風流です。出雲大社をはじめ、島根観光の拠点にも最適なロケーションです。
住所 :〒699-0201 島根県松江市玉湯町玉造1237
客室数:全24室(和室)
URL :https://kai-ryokan.jp/izumo/
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/183716/img_183716_5.jpg
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/183716/img_183716_6.jpg
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/183716/img_183716_7.jpg
画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/183716/img_183716_8.jpg


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?