春の新商品登場!「ゆずと三つ葉の炙り鶏そば」 “熟成醤油ラーメン肉そば”で有名な丸源から全国の130店舗にて4月10日(水)に期間限定商品を販売開始!

「焼肉きんぐ」「ゆず庵」などを全国に展開する株式会社物語コーポレーション(本社:愛知県豊橋市、代表取締役社長CEO:加治 幸夫)は、春の期間限定メニュー「旨塩仕立て ゆずと三つ葉の炙り鶏そば 780円(税抜)」を2019年4月10日(水)から、全国130店舗の丸源ラーメンにて販売開始します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/180112/LL_img_180112_1.jpg
旨塩仕立て ゆずと三つ葉の炙り鶏そば 780円(税抜)

■旬の食材をふんだんに使用!「旨塩仕立て ゆずと三つ葉の炙り鶏そば」
「旨塩仕立て ゆずと三つ葉の炙り鶏そば」は、春の陽気にぴったりのあっさりとした“清湯スープ”を、具材の彩りと香りを引き立てるため“塩味”に仕立てました。
またごく少量の鶏油(チーユ)を使用することで、スープに深みを加えています。
芳しい香りの炙りチャーシューは、外はサクッと、中はジューシー。
旬の食材である三つ葉や、ゆず、針ネギ、鶏油のトッピングで最後まで香りをお楽しみ頂けます。

<メニュー概要>
メニュー名:旨塩仕立て ゆずと三つ葉の炙り鶏そば
価格 :780円(税抜)
販売開始日:全国130店舗の丸源ラーメンにて4月10日(水)

・メニュー詳細はこちら
http://www.syodai-marugen.jp/menu/gentei.html


■鶏そばに込めた想い
丸源には「熟成醤油ラーメン肉そば」という、お客様に愛されている商品があります。
やわらかな豚肉を炊き込み、旨味を余すことなくスープに移した、熟成醤油スープのラーメンです。
“本当に美味しいラーメン”を求めて、丸源の創業当初より試行錯誤を重ね続け、今では年間1,200万食を超える名物商品です。

そんな老若男女に愛される「熟成醤油ラーメン肉そば」を生んだ丸源が、“女性に愛されるラーメンを作る”をコンセプトに開発したのが「旨塩仕立て ゆずと三つ葉の炙り鶏そば」です。

シンプルな旨塩仕立てのスープに、鉄板の組み合わせである柚子と三つ葉で香りをつけ、鶏油(チーユ)を使用することで味に深みを出しています。
春らしいあっさりとした優しい味わいですが、外はサクッと、中はジューシーな炙りチャーシューが食欲をそそります。


■物語コーポレーションについて
代表者 : 代表取締役社長CEO 加治 幸夫
創業 : 1949年12月
設立 : 1969年9月
所在地 : 愛知県豊橋市西岩田5-7-11
資本金 : 27億1,113万円(2018年6月期)
売上高 : 521億円 グループ売上高793億円(2018年6月期)
事業内容 : 外食レストランチェーンの直営による経営と、
フランチャイズチェーン展開
ブランド : 焼肉きんぐ/焼肉一番かるび/焼肉一番カルビ/
丸源ラーメン/二代目丸源/お好み焼本舗/魚貝三昧げん屋/
ゆず庵/源氏総本店/肉源他
出店状況 : 国内474店舗(直営261店舗/FC213店舗)
2019年2月28日現在
関連会社 : 物語香港有限公司/香港、物語(上海)企業管理有限公司/上海
企業サイト: https://www.monogatari.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?