朝日旅行、明治の産業遺産「トンネルツアー」12/15・1/13に開催!全国のトンネルをひとり歩いた男のおすすめをツアー化

シニア向けにテーマあるゆとりの旅を企画・販売する株式会社朝日旅行(所在地:東京都港区、代表取締役社長:石森 隆)は、インフラツーリズムの潮流を捉えた新企画として、明治の産業遺産・トンネルを歩くユニークな日帰りツアーを、2018年12月15日(土)・2019年1月13日(日)に開催します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/167319/LL_img_167319_1.jpg
宇津ノ谷明治トンネル

同行・案内する講師には、自ら旅行会社に勤務するかたわら、“トンネルあるき”をライフワークとし、昨年末には“歩くトンネル”の探訪記「旅するトンネル」(一般社団法人 本の研究社:刊)を発表し、新聞、専門誌、情報系サイトなどで広く紹介されたトンネル探求家の花田欣也氏を招きます。

国土交通省のインフラツーリズム・ポータルサイトにも全国約50のツアー、イベントが掲載されていますが、ダム関係が大部分で、明治の産業遺産“トンネルあるき”にテーマを絞ったツアーは、全国でも他に例がありません。

今回は静岡県内に今も現役で残る宇津ノ谷明治トンネル(東海道の旧道の一部)、巌井寺トンネル(掛川市)を貸切バスで効率的に訪ねます。宇津ノ谷明治トンネルは明治9年に建造され、カンテラ風の照明と煉瓦が美しい国指定登録文化財。花田氏の解説のもと、歴史あるトンネルならではの闇の空間、魅力を味わいます。安全・安心に歩けるコースを厳選した新ツアーで、街道歩きを好むシニア層のお客様などに、“トンネルあるき”という新たな旅のカタチを提案します。
なお、来年5月には関西で第2弾ツアーを予定しています(1月発売予定)。


■花田欣也氏 プロフィール
トンネル探究家・ジオラマ製作者。1961年東京都生まれ。旅行会社に勤務し、マレーシア、沖縄などで駐在経験を重ねる一方で、鉄道趣味を一貫して続け、全国全線を踏破。ジオラマ製作でも鉄道模型専門誌でのコンペ受賞等、専門誌で多数紹介される。
全国各地を訪れながら、“トンネルあるき”に魅了され、講演、テレビ出演の他、トンネルをテーマにした映画のPRコメントや、ワンシーンをモチーフにしたジオラマを展示するなど、産業遺産・トンネルの魅力発信に努めている。10月7日には横須賀市で「トンネルシンポジウム」に登壇した。


■ツアー詳細について
「トンネル探検隊がゆく!宇津ノ谷明治トンネルと巌井寺トンネル~静岡の産業遺産」
==トンネル探究家・花田欣也氏と訪ねるトンネルあるき==

1.商品の特徴
・トンネルそのものを観察対象とした極めてユニークなツアーです。トンネル探究家の花田欣也氏の案内で、トンネルの歴史的価値や建造物としての考察に加え、雑学や俗説を交えて徹底的にトンネルに迫ります。
・トンネルの中は、深遠な闇の世界が広がりますが、安全に歩けるトンネルをご案内します。行ってみたいがひとりでは怖いという方にもおすすめで、新しい趣味の発見にも。
・ハイキング程度の軽装で歩けます。

2.コースの詳細
<出発日>
2018年12月15日(土)、2019年1月13日(日)

<旅行代金>
東京発着お一人様大人15,800円、小人15,000円

<行程概要>
東京(8:00頃)→首都高速・東名高速→静岡IC→丸子・元祖丁子屋(東海道の歴史とともにある老舗の名物とろろ汁賞味)→宇津ノ谷…明治・大正・昭和・平成の4つのトンネルが存在する交通の要衝、明治9年建造・長さ203mの煉瓦造りの宇津ノ谷明治トンネルを観察→巌井寺トンネル(明治38年建造・長さ137m)→掛川IC→東名高速→首都高速→東京(19:50頃)
※現地事情(工事等)によりトンネルを通行出来ない場合や変更させていただく場合があります。
※最少催行人員・20名

<URL>
https://www2.asahiryoko.com/djweb/TourDetail.aspx?tc=C18260180001
(「朝日旅行~トンネル」でも検索可)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?