株式会社ライドオンジャパン、最新作タクティカルSRPG「マーセナリーズラメント」を発売決定!

株式会社ライドオンジャパン(埼玉県川口市、代表取締役:其田 賢一)は、タクティカルシミュレーションRPG「マーセナリーズサーガ」シリーズ7作品目になる最新作タイトルが「マーセナリーズラメント 銀狼と巫女を廻る七つ星」に決定したことをお知らせいたします。
最新作「マーセナリーズラメント」はDLソフトとして開発中で、対応プラットフォームはNintendo Switch/PlayStation 4を予定しております。
Nintendo Switch版の発売日は2023年2月9日(木)予定、PlayStation 4版の発売日は未定となっており、価格は2,200円(税込)です。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/341838/LL_img_341838_1.png
メインビジュアル

■死の運命に立ち向かう傭兵と巫女の物語
【あらすじ】
謎の疫病が瞬く間に大陸各地に広がってから数年。疫病の犠牲者は動く屍人-ゾンビ-となって人々を襲い、戦いを生業とする傭兵たちはゾンビ退治の汚れ仕事に明け暮れることになった。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/341838/LL_img_341838_2.png
プロローグ

銀狼傭兵隊の隊長・ヨハンはある日、死神と名乗る男と邂逅する。ヨハンは死神の凶刃を辛うじて退けるが、死神は去り際に「凶兆が最も高まる100日後、逃れられぬ死が訪れる。」と、不気味な予言を残す。

死神を追い払ったヨハンの前に現れたのは、一人の若き巫女。巫女は奇跡の術を用いて、疫病に倒れた人々を癒しているという。死神は疫病に倒れたヨハンが見ていた悪夢だったのか……?

巫女との出会いに光明を見出したヨハン。仲間たちと共に巫女の護衛となって彼女と共に王国を巡る。
疫病がはびこる王国で、死の運命に立ち向かうために――


●「マーセナリーズサーガ」シリーズについて
マーセナリーズサーガシリーズは、キャラクターのレベルを上げてスキルを整え、ステージを攻略するタクティカルシミュレーションRPGです。マス目で区切られたクオータービューのバトルマップで、近接攻撃が得意なファイター、遠距離攻撃が得意なアーチャー、味方の回復や支援を担当するプリーストなど、さまざまな役割を持つキャラクターを操作して戦います。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/341838/LL_img_341838_3.jpg
ゲーム画面1
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/341838/LL_img_341838_4.jpg
ゲーム画面2

今作「マーセナリーズラメント」は、前作までで登場したシステムやスキルを引き継ぎつつより遊びやすくなり、新要素も追加しております。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/341838/LL_img_341838_5.jpg
ゲーム画面3
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/341838/LL_img_341838_6.jpg
ゲーム画面4

今後、マーセナリーズラメントに関しての最新情報やプレゼントキャンペーン、セール情報などは各公式SNSにて随時発表予定いたします。

・「ライドオン広報」公式Twitter(@RideonT2)
https://twitter.com/RideonT2

・「株式会社ライドオンジャパン」公式Instagram(rideonjapan)
https://www.instagram.com/rideonjapan/

・「マーセナリーズサーガ」公式Facebook(@MercenariesSagaSeries)
https://www.facebook.com/MercenariesSagaSeries/


※本文中の会社名または商品名は各社の商標または登録商標です。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?