特殊フィルム市場は2030年までに年率6.3%で成長|SABIC, SKC, 3M


画像 : https://newscast.jp/attachments/Z2gHa43HYvWh5HrfL0V8.png


アジア太平洋地域の特殊フィルム市場は年率6.3%で成長し、2021年から2030年の間に1,926億ドルの市場規模になると予想されています。これは、堅牢で高張力のパッケージ用途、さまざまな産業分野での製品需要の増加、技術的に高度な素材の開発などが理由です。
28の表と45の図で構成された107ページのレポート「アジア太平洋地域の特殊フィルム市場2020-2030年:樹脂(ポリエステル、ナイロン、ポリオレフィン、フッ素樹脂)、機能(バリア、安全、導電)、産業分野、国別。Trend Forecast and Growth Opportunity」は、アジア太平洋地域の特殊フィルム市場全体と、そのサブセグメントを詳細に分類した上で、包括的に調査したものです。


レポートの範囲を確認するためのリクエスト: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=GMD628


また、詳細な定性分析では、以下の点を確認・調査しています。
市場構造
成長要因
阻害要因と課題
新製品の動向と市場機会
ポーターの5つの力
COVID-19を考慮に入れて、アジア太平洋地域の市場の動向と見通しを楽観的、バランス的、保守的に予測しています。バランス型(最も可能性の高い)予測では、アジア太平洋地域の特殊フィルム市場を、樹脂、機能、産業分野、国の観点から分類し、あらゆる角度から定量化しています。


樹脂に基づいて、アジア太平洋市場は以下のサブマーケットに分類され、各セクションに2019年から2030年の年間収益(mn)が含まれています。


ポリエステル
ナイロン
ポリオレフィン
フッ素樹脂
ポリアクリルアミド
ポリイミド
その他の樹脂


機能別に、アジア太平洋地域の市場を以下のサブマーケットに分類し、各セクションに2019-2030年の年間売上高(mn)を記載しています。


バリア
安全・セキュリティ
導電・絶縁
マイクロポーラス機能
装飾機能
その他の機能


アジア太平洋地域の市場は、産業分野に基づいて以下のサブマーケットに分類され、各セクションには2019年から2030年までの年間売上高(単位:百万ドル)が含まれます。


パッケージング
輸送分野
建設
パーソナルケア
電気・電子
医療産業
その他の産業分野


地理的には、以下の国や地域の市場を調査しています。


日本
中国
韓国
オーストラリア
インド
APACの残りの地域(さらにマレーシア、シンガポール、インドネシア、タイ、ニュージーランド、ベトナム、台湾、フィリピンに分けられる
各主要国について、2019年から2030年までの詳細な分析と年間収益のデータを掲載しています。また、予測年における主要国市場の樹脂別、機能別、産業分野別の内訳も掲載しています。
また、現在の競争シナリオと予測されるトレンドを網羅し、市場リーダーや重要な新興プレーヤーを含む主要ベンダーを紹介しています。


主なプレイヤー(これは完全なリストではなく、要望に応じて追加の会社を追加することができます)。


3M
アクゾノーベルNV
Avery Dennison
ベミス・カンパニー・インク
Covestro AG
デュポン帝人フィルム
エボニック・インダストリーズAG
ハネウェルインターナショナル社
Inteplast Group
株式会社カネカ
クラレアメリカインク
SABIC
SKC
The Chemours Company
東レ株式会社
宇部興産株式会社


レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=GMD628


私たちに関しては:
私たちは業界で最高の市場調査レポートプロバイダーです。 Report Oceanは、今日の競争の激しい環境で市場シェアを拡大するトップラインとボトムラインの目標を達成するために、クライアントに品質レポートを提供することを信じています。 Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、業界向けの「ワンストップソリューション」です。




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?