真の3Rの実現を目指すサスティナブルなファッションシステム「パーツで創る服」のレンタルサービスを2021年7月に開始!

株式会社かなエール(本社:東京都渋谷区、代表取締役:武田 昭浩)は、7月3日より自社ECサイト「KanaYell」にてレンタルファッションサービスを開始しました。当社オリジナルの新しいファッションシステム「パーツで創る服」にレンタルという選択肢を加える事で、多様なライフスタイルの方により手軽にアプローチして頂ける環境作りを進めます。

【Shop URL】 https://kanayell.shop

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/266076/LL_img_266076_1.jpg
パーツで創る服
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/266076/LL_img_266076_2.jpg
ファスナーで取付/取り外し

◆パーツで創る服とは?
服を構成するパーツを細分化し、ファスナーで自由に取付/取り外し出来るKanaYellオリジナルの新しいファッションシステムです。「変化」と「進化」が持続する、真のサスティナブルアパレルを提案いたします。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/266076/LL_img_266076_3.jpg
トップスパーツセット
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/266076/LL_img_266076_4.jpg
配色スタイリングイメージ

無数のスタイル変化はもちろん、配色アイテム等の表現もパーツ一つ足すだけで簡単にセルフプロデュースできます。今回、このセルフプロデュースをより気軽にチャレンジ出来るように、レンタルサービスへの切替を行いました。


◆商品一例
・トップスパーツ
全5色展開、各色全11パーツ構成
600円~4,000円(税込/月額)

・パンツパーツ
全5色展開、各色9パーツ構成
600円~3,000円(税込/月額)

※他にもアウターパーツ/スカートパーツがあります。


◆3R(Reduce/Reuse/Recycle)の実現
今聞かれる「サスティナブルファッション」という言葉と取組に関しては、実際は出口戦略に偏った物がほとんどです。つまり作ってしまった物を如何に再利用(Recycle)するか、ゴミにせず長持ちさせるか(Reuse)という事のみに終始しています。本当に必要なのは入口戦略を含めた対応、つまり今の過剰な生産状況を抑制する事(Reduce)を前提とした仕組み作りだと考えます。
私たちは、パーツ化により過剰生産の抑制・スタイリング巾の拡充・リサイクル負担を抑制し、レンタルで商品循環と手軽なチャレンジを促す事で、真のサスティナブルファッションシステムの構築を目指します。つまり、私たちは服の生産量を減らそう、服を買わずに楽しめる選択肢を増やそう、と主張する極めて稀なアパレルメーカーなのです。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/266076/LL_img_266076_5.png
SDGs

◆会社概要
会社名 : 株式会社かなエール
所在地 : 東京都渋谷区恵比寿
代表者 : 代表取締役 武田 昭浩
設立 : 2018年
事業内容: アパレル製品の企画・生産・卸売及び小売
URL : https://kanayell.shop/html/company.html


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?