秋に不調や気分の落ち込みを感じる女性は2人に1人!疲れを感じている女性たち必見の「セルフ慰労」秋冬にオススメはマッサージ・腹巻・暖かい飲み物

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/196798/img_196798_1.png
脳と腸のしくみ「脳腸相関」をさまざまな角度から解明し、ヘルシー偏差値をアップさせる情報を発信する「脳腸相関LABO.」は、全国の30~40代の女性500名に対し理想の体型に関する調査(2019年8月2日~8月6日実施)を行いました。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/196798/img_196798_2.png


今回の調査では、女性たちの2人に1人以上が、夏から秋にかけて、「体調の不調を感じ、落ち込む」と回答。秋に心身ともに疲労する女性たちの実情を明らかにしました。この結果をふまえ、心理学的治療の一つであり、うつや不安症の医学的治療効果だけでなく、健常人の生活の質を高める作用があるマインドフルネスのプロ、東京マインドフルネスセンターセンター長 長谷川洋介さんにお話を伺いました。

秋に不調を感じる人の具体的な症状については、半数以上が「元気が出ず、常に疲労感を感じる」や「カラダが重ダルい」と回答。言葉には表しづらい不調感を感じていることが分かりました。これに対して、長谷川さんは、「秋の始めは暑さから寒さへの気温の変化が起きます。太陽の日の出、日の入りの時間の変化も起きます。こういった気候の変化や、夏の冷房による暑さと寒さの体の適応による疲労、夏に食べた冷たい食事による胃腸の疲れが、身心の不調の原因へとなっていきます。これらの要因から、秋に不調を感じる人が多かったのではないかと思います」とコメントしています。

また、疲労を感じた時の対策として70%が「自分にご褒美を買いたい」と回答したほか、「ちょっとしたご褒美で日々のモチベーションが上がる」と答えた女性が90%と、多くの女性たちが自分で自分にご褒美をあげる「セルフ慰労」をしたいと考えていることが明らかに。さらに、ご褒美の金額については1000円未満が約50%、3000円未満も含めると約80%に及ぶことから、できるだけ費用をかけず簡単にできるセルフ慰労を求めていることが明らかになりました。

「セルフ慰労」について長谷川さんは、「自分で自分を見つめ直し、疲れをほぐしてあげることはすごく重要です。そのときに意識してほしいのが脳と腸。ストレスを感じるとお腹が痛くなるように、脳と腸は互いに相関関係にあります。このサイクルを整えることが、秋に疲れた心と体を癒すための第一歩です」とコメント。マインドフルネスのプロである長谷川さんが、費用をかけなくても簡単にできるオススメのセルフ慰労を紹介してくださいました。

マインドフルネスのプロ 長谷川洋介さんが教える「セルフ慰労」3つ
「の」の字マッサージ
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/196798/img_196798_3.jpg
■方法:寝る前にお腹に手を当てて、手の温かさを感じながら「の」の字にやさしくマッサージをする。
■ポイント:身体の声を聞きながら、手の感覚とお腹の感覚を意識して行いましょう。

腹巻
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/196798/img_196798_4.png
■方法:自分にあった腹巻をしてお腹を温かく保つ。
■ポイント:時折、日常生活の中でお腹が温かく保たれていることを感じ取ってあげましょう。


紅茶
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/196798/img_196798_5.jpg
■方法:デジタルオフをしてお茶をゆっくりと味わう。
■ポイント:ゆっくりとお茶を飲む時間をとることもリラックスにつながります。最近は脳腸相関に着目した紅茶も発売されていますので、そういった観点で選んでみるのも良いかもしれません。

オピニオンプロフィール
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/196798/img_196798_6.png
長谷川 洋介 (はせがわ ようすけ)
東京マインドフルネスセンター センター長・鍼灸師
1977年生まれ。法政大学経済学部卒業後、医学出版社で医学書、医学論文の編集・制作に携わる。退職後は東洋鍼灸専門学校を首席で卒業、ジョン・カバットジン博士「MBSRワークショップ」終了、米国マサチューセッツ州立大学メディカルスクールMBSRマインドフルネスストレス低減法プログラムPractice Teaching Intensive修了。現在は東京・赤坂にある東京マインドフルネスセンターにてセンター長およびディレクターを務める。

<調査サマリー>
◆前提として、夏から秋にかけて体調の不調を感じ、落ち込む人は2人に1人以上
◆秋の不調の症状は半数以上が「元気が出ず、常に疲労感を感じる」
さらに、「カラダが重ダルい」は60%以上、言い表しづらい体の疲労感を感じる人が多数
◆そんな疲れた時、自分にご褒美を買いたい人は約70%
◆疲れた自分にちょっとしたご褒美をあげたら、日々のモチベーションが上がる人は約90%
◆ご褒美にかける金額はリーズナブル!1000円未満が約50%、約80%が3000円未満と回答

※各調査項目の結果に関しては2P以降をご参照ください。

■調査結果詳細
◆夏から秋に体調の不調を感じ、落ち込む人は2人に1人以上
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/196798/img_196798_7.png

◆秋の不調感の症状として「元気が出ず、常に疲労感を感じる」が50%以上、
「カラダが重ダルい」は60%以上、言い表しづらい体の疲労感を感じる人が多数
画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/196798/img_196798_8.png

◆そんな疲れた時、自分にご褒美を買いたい人は約70%
画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/196798/img_196798_9.png

◆疲れた自分にちょっとしたご褒美をあげたら、日々のモチベーションが上がる人は約90%
画像10: https://www.atpress.ne.jp/releases/196798/img_196798_10.png

◆ご褒美にかける金額はリーズナブル!1000円未満が約50%、3000円未満を含めると約80%
画像11: https://www.atpress.ne.jp/releases/196798/img_196798_11.png

【調査概要】
データ集計期間: 2019年8月2日~8月6日
調査方法:インターネット調査
調査対象者:30、40代女性
有効回答数:500名






詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?