秩父鉄道、交通系ICカード「PASMO」を導入 ~2022年3月12日(土)よりサービス開始~

秩父鉄道株式会社(本社:埼玉県熊谷市、代表取締役社長:大谷 隆男)では、お客様の利便性向上やICカード利用による感染症対策の向上を目的に、交通系ICカード「PASMO」のサービスを2022年3月12日(土)始発より開始いたします。
本サービスの開始により、「Suica」等の交通系ICカードが秩父鉄道全駅で使用できるようになり、これまで以上に便利にご利用いただけるようになります。なお、本サービス開始にあたり、各駅での駅務機器の設置工事期間中は、ご不便とご迷惑をおかけいたしますが、ご理解・ご協力をお願い申し上げます。


【交通系ICカード「PASMO」の導入について】
(1) サービス開始予定日
2022年3月12日(土)始発より秩父鉄道全駅にてサービス開始

(2) ご利用いただける交通系ICカード
「PASMO」「Suica」「Kitaca」「TOICA」「manaca(マナカ)」「ICOCA」
「PiTaPa」「SUGOCA」「nimoca」「はやかけん」
※「PASMO」は、株式会社パスモの登録商標です。
※「Suica」は、東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。
※「Kitaca」は、北海道旅客鉄道株式会社の登録商標です。
※「TOICA」は、東海旅客鉄道株式会社の登録商標です。
※「manaca(マナカ)」は、株式会社名古屋交通開発機構及び株式会社エムアイシーの登録商標です。
※「ICOCA」は、西日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。
※「PiTaPa」は、株式会社スルッとKANSAIの登録商標です。
※「SUGOCA」は、九州旅客鉄道株式会社の登録商標です。
※「nimoca」は、西日本鉄道株式会社の登録商標です。
※「はやかけん」は、福岡市交通局の登録商標です。

(3) PASMO定期券、記名PASMOカード、無記名PASMOカードの販売開始日
2022年3月12日(土)より
対応駅:羽生駅、熊谷駅、武川駅、ふかや花園駅、寄居駅、長瀞駅、秩父駅、
御花畑駅
※本「PASMO」サービスの導入に伴い、上記および影森駅・三峰口駅以外の駅(西羽生駅・新郷駅・武州荒木駅・東行田駅・行田市駅・持田駅・ソシオ流通センター駅・上熊谷駅・石原駅・ひろせ野鳥の森駅・大麻生駅・明戸駅・永田駅・小前田駅・桜沢駅・波久礼駅・樋口駅・野上駅・上長瀞駅・親鼻駅・皆野駅・和銅黒谷駅・大野原駅・浦山口駅・武州中川駅・武州日野駅・白久駅)は2022年3月11日(金)駅窓口の営業終了時刻をもちまして、窓口営業を終了し、今後は係員が定期的に見回りを行います。

(4) その他
お手持ちの紙式の定期乗車券、普通回数券は本「PASMO」サービス開始後もご使用いただけます。
定期、普通運賃は、本「PASMO」サービス開始後も現行制度に変更はございません。
本「PASMO」サービス開始に伴う工事、サービス等の詳細につきましては、今後都度ご案内申し上げます。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/295550/LL_img_295550_1.jpg
改札機 イメージ
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/295550/LL_img_295550_2.jpg
改札機 イメージ

◇交通系ICカード「PASMO」に関するお問合せ
秩父鉄道 運輸部運輸課 TEL:048-523-3822(平日9:00~17:00)
旅客案内係 TEL:048-580-6363


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?