経済的に困窮している学生を支援するため6月28日(月)から100円夕食スタート

四天王寺大学・四天王寺大学短期大学部(大阪府羽曳野市、学長:岩尾 洋、以下 本学)は、2021年6月28日(月)から、COCODINING(1号館食堂)で「100円夕食」をスタートします。

本学では、学生の生活環境をサポートすることを目的に、「100円朝食」を実施しておりますが、今回はコロナ禍において、経済的に困窮している学生を支援するため、「100円夕食」を実施することになりました。

「100円夕食」のメニューは日替わりで、チキン南蛮やハンバーグなどボリュームのある夕食になっています。また今回、テイクアウトも可能な弁当スタイルになっているので、学生のライフスタイルに合わせて、学内飲食だけではなく、自宅でも食事が可能になりました。
販売方法については、SDGsの観点から、廃棄ロスをなくすため当日9:00~13:00に予約券を販売し、当日の個数が確定してから、「100円夕食」の準備を始める形をとっております。

最初は1日20食程度を販売予定で、今後の購入状況を見てから、食数を増やすなど、さらなるサービスの充実を考えています。

なお、本取り組みは学期末テスト前となる、7月14日(水)まで実施する予定です。


【概要】
・実施期間:6月28日(月)~7月14日(水)
予約券 9:00~13:00
受取り 16:00~17:00
・場所 :COCODINING(1号館食堂)
・対象 :本学学生のみ
・メニュー:チキン南蛮、ハンバーグ等日替わり弁当など


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?