脱ランドセル派のための通学かばん ZACARI「通学はいのう」4月18日より一般予約受付を開始

メンズアパレルブランドを展開する株式会社義志(本社:東京都台東区、代表取締役社長:緒方 義志)は、新たに始動するかばんのブランド《ZACARI(ザカリ)》より、脱ランドセル派の小学生に向けた新しいスタイルの通学かばん『通学はいのう』の予約受付を2022年4月18日よりオフィシャルウェブストアにて開始いたします。店頭での販売は伊勢丹新宿店「ランドセルフェスティバル」(4月27日~5月5日)、岩田屋本店「ランドセルフェスティバル」(4月27日~ 5月9日)等、百貨店の催事やポップアップストアでの展開を予定しています。

育ちざかりの元気な小学生にもっと自由でもっと心地よい通学かばんを。この国で長きにわたり“しきたり”として続いてきたランドセルというちょっと硬くて堅い通学のスタイルをZACARIが楽しくアップデートします。

ZACARI : https://zacari.jp/
ZACARI「通学はいのう」特設ウェブサイト: https://kids.zacari.jp/

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/302045/LL_img_302045_1.jpg
脱ランドセル派のための通学かばん

■企画背景
昨今「ランドセルが重すぎる」という問題が度々メディアでも取り上げられるようになり、ランドセルの是非を問う議論も世間では盛り上がりつつありますが、ランドセルは文部科学省も教育委員会も地方自治体も、そして多くの公立小学校も、これを義務化したり校則化したり、または強制したりするようなことは実は一切していないのが現実です。ランドセルを率先して選んでいるのは子供の親や祖父母の意志、または地域社会の風潮であって、誰かが子供たちに「決まり」として押し付けているものではないのです。
そうだとすれば、日々の生活スタイルや学校での過ごし方、通学のあり方などが変遷し多様化している今日において、そろそろこの国の小学生の通学かばんも“しきたり”のような文化にただ固執するのではなく、合理性や実用性、デザイン性や心地良さを追求した新しい形態へと進化すべきであるとZACARIは考えます。新しい時代の子供たちと共に真に快適で自由な通学スタイルを作り上げていくために、ZACARIはこの通学かばんプロジェクトを2022年春より事業として本格的に始動します。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/302045/LL_img_302045_2.jpg
小学生にもっと自由で快適な通学スタイルを

■商品コンセプト
ZACARIの「通学はいのう」は、いわゆる「ランドセル」ではありません。しかし、れっきとした通学かばんです。
ランドセルのような革や合成皮革でできた硬い箱型のかばんは、飛んだり跳ねたり走ったりすることが大好きな小学生にとっては実のところあまり軽快で開放的なかばんとは言えません。「小学生はランドセルを持つものだ」という今までの固定観念を一度きれいに取り払って、今日の小学生にもっとも適した通学かばんとはどんなものなのかを純粋に、そして真剣に考えた上でZACARIが出した答えがこの「通学はいのう」です。
リュックサックのようにカジュアルな使い心地でありながら、機能性と利便性にはとことんこだわり、ちょっとくらい雑に扱っても気にならない丈夫な素材と楽しく鮮やかな色使いで元気な佇まいにデザインした新しい時代の通学かばんです。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/302045/LL_img_302045_3.jpg
ZACARI「通学はいのう」

■製品特徴
1. ランドセルの様式に捕らわれない通学のための快適で実用的な通学かばん
かばんにとって最も大事な性能のひとつが荷物の出し入れのしやすさです。
そのためにZACARIがまずやったこと。それはランドセルの様式美として絶対的な装備である“かぶせ”の仕様を「絶対」ではなくすことでした。あの巨大なフタ(かぶせ)を無くして近代文明の大発明であるファスナーを当然のごとく適所に活用することで、通学かばんの使い勝手は根本から変わります。かばんを机や地面に置かなくても中の荷物を取り出せます。かばんの背中側からでも荷物の出し入れができます。一見あたりまえのようなことですが、これを容易にさせてくれないのがランドセルでした。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/302045/LL_img_302045_4.jpg
機能的で活動的なデザイン

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/302045/LL_img_302045_5.jpg
箱型に固執しないスポーティなデザインとカジュアルな使い心地

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/302045/LL_img_302045_6.jpg
大きな「かぶせ」は基本仕様から外し、オプションとして取り付けられる着脱可能式

画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/302045/LL_img_302045_7.jpg
便利なポケットをたくさん搭載した機能的で遊び心のあるデザイン

2. 男女の区別を意図的に設定しないジェンダーレスな8色の色展開
色には元来男も女もありません。
女の子が青いかばんを持っても素敵だし、男の子が赤いかばんを持ってもカッコいいのです。だから、ZACARIは男女の区別を意図的に設定した色展開はしていません。
濃色で落ち着いた雰囲気の黒、紺、織部(おりべ)。淡色系で爽やかなイメージの白、土筆(つくし)。原色系で明るく元気な印象の緋(ひ)、瑠璃(るり)、山吹(やまぶき)。この楽しい8色の展開色は、男の子にとっても女の子にとっても、すべての色が自分の好みや個性を映し出す選択肢です。

画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/302045/LL_img_302045_8.jpg
男女の区別を意図的に設定しない楽しい8色の色展開

3. ハイテク素材と伝統素材のハイブリッドデザイン
毎日何度も開けたり閉めたりするファスナーの引っ張りには丈夫でありながら手触りの心地良い素材にしたい。そのこだわりから、すべてのファスナーの引き手には関東唯一の真田紐師、市村藤斎製の真田紐を引っ張りとして装備しています。すべての柄や配色がZACARIのために特別に織られた別注紐です。
戦国武将の真田幸村とその父昌幸が商いとして諸国に流通させたことでその名が定着した真田紐。当時は刀の柄を巻いたり下げ緒に用いたり甲冑や馬具などを固定したりするために使われる程この紐には引っ張っても伸びるような優柔さがないため、耐久性と機能性を併せ持つ実用品として重宝されていたそうです。
そんな先人たちより伝わる優れた伝統素材の力も借りることでZACARIのかばんには先進性や合理性のみならず歴史とのつながりや継承された技術と文化の温もりが共生しています。

画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/302045/LL_img_302045_9.jpg
ZACARI特注 市村藤斎製真田紐
画像10: https://www.atpress.ne.jp/releases/302045/LL_img_302045_10.jpg
戦前から使われている旧式の織機でゆっくり丁寧に織り上げられる
画像11: https://www.atpress.ne.jp/releases/302045/LL_img_302045_11.jpg
通学をもっと楽しく

■商品概要
商品名:通学はいのう
発売日:2022年4月18日(一般予約受付開始)
価格 :39,600円(税込)
寸法 :【外寸】W35xH36xD22cm(ポケット部分含む)
【内寸】W24xH35xD15cm(本体)
重量 :1,080g
カラー:白、黒、緋、紺、瑠璃、山吹、土筆、織部
素材 :【表地】CORDURAナイロン(撥水)
【裏地】ポリエステル(耐久撥水)

▼関連商品
(オプションアイテム)(1)
商品名:かぶせ 《通学はいのう専用》
価格 :4,400円(税込)
素材 :【表地】ナイロン(CORDURA)
【裏地】ポリエステル(耐久撥水)
重量 :150g

(オプションアイテム)(2)
商品名:かっぱ 《通学はいのう専用》
価格 :2,200円(税込)
素材 :ポリエステル(耐久撥水)
重量 :45g

取扱店舗: ZACARIオフィシャルウェブストア( https://zacari.jp/ )、
フリウ( http://shop.fulyu.jp/ )
伊勢丹新宿店「ランドセルフェスティバル」(4月27日~5月5日)
岩田屋本店「ランドセルフェスティバル」(4月27日~ 5月9日)
※詳しくはZACARIホームページを参照 ( https://zacari.jp/store/ )

URL : https://kids.zacari.jp/

画像12: https://www.atpress.ne.jp/releases/302045/LL_img_302045_12.jpg
通学をもっと自由に

■会社概要
商号 : 株式会社義志
代表者 : 代表取締役社長 緒方 義志
所在地 : 〒111-0031 東京都台東区千束2-30-5 2階
設立 : 2004年2月
事業内容: 衣料品・服飾雑貨の企画・製造・販売
URL : http://yoshiyuki.jp

【本件に関するお客様からのお問い合わせ先】
株式会社義志 ZACARI事業部
TEL : 03-6802-4464
お問い合せフォーム: https://kids.zacari.jp/contact/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?