自分に似合う「ハロウィン仮装」がわかる顔診断 顔のパーツやバランスから顔の印象を4タイプに分類しそれぞれのタイプに似合う仮装&メイクをご提案

一般社団法人 格上げおしゃれプランナー協会(本社:東京都千代田区外神田3-6-5 外神田永谷タウンプラザ506、代表理事:冨澤 理恵)は、10月のハロウィンイベントに向けて、顔のパーツやバランスから顔の印象を4タイプに分類し、それぞれのタイプに似合う仮装&メイクをご提案いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/194265/LL_img_194265_1.jpg
顔診断による4タイプ別の仮装


■ハロウィンイベントで痛くならず「素敵」と褒められる、タイプ別お似合いの仮装&メイク
日本でもハロウィンイベントが定着してきましたが、仮装までするとなると、まだまだハードルが高いのかもしれません。その原因に、やってみたいけれど、どんな仮装をすればよいかわからない、仮装に合わせたメイクもどうしてよいかわからないという悩みがあるのではないでしょうか。
当協会では、顔のパーツやバランスを計測して5,200人の顔を計測したデータから、独自のメソッド「格上げ顔診断」を考案いたしました。顔の印象を「宝塚」「ボーイッシュ」「エレガント」「アイドル」の4タイプに分類し、タイプごとにお似合いのファッションやメイクを提案しています。今回は、全4タイプ別のおすすめ仮装&メイクをご紹介します。

(1)男顔×童顔 ボーイッシュタイプ
特徴:パーツが小さく、薄い。また、こじんまりとして、平面的。スッキリとした顔立ちで軽やかな印象が強い。カジュアル感のあるシンプルな仮装が似合います。

メイクは…あえてツヤ感を消し、陰影を取り入れることで少年っぽく仕上げます。
オススメの仮装はウォーリー(ウォーリーをさがせ!)、ルフィ(ワンピース)、ピーター・パンなど

(2)女顔×童顔 アイドルタイプ
特徴:パーツが小さく、厚みがある。また、こじんまりとして、丸みのある印象が強い。女性らしいデザインで曲線のラインが似合います。

メイクは可愛らしさをより強調できるよう、眉は短め。輪郭が丸く見えるように、チークを入れる位置はこめかみから頬の一番高いところにふんわりと。
オススメの仮装:キキ(魔女の宅急便)、メイド、ティンカー・ベル(ピーター・パン)など

(3)男顔×大人顔 宝塚タイプ
特徴:パーツが大きく、薄い。平面的でシャープな印象の顔立ち。クールな印象を活かしたスッキリとしたラインのシンプルなデザインの服が似合います。

メイクは色味を抑え、陰影をはっきりと。目鼻立ちをはっきりさせるため、アイメイクとアイラインで目の大きさを変えます。
オススメの仮装:ハリー・ポッター、オスカル(ベルサイユのばら)、アラジンなど

(4)女顔×大人顔 エレガントタイプ
特徴:パーツが大きくて、厚みがあり、華やかな印象の顔立ち。デザイン性の高い服や、身体のラインにフィットした服が似合います。

メイクは大人っぽさを活かしアイラインを目尻より長めに入れて、眉を長めに描くことで、より女性らしさを強調。
オススメの仮装:魔女、ジャスミン(アラジン)、マレフィセントなど


■「一般社団法人 格上げおしゃれプランナー協会」とは
2016年8月29日に設立した当協会は、「美しく豊かな人生へ格上げ」を理念としている協会です。顔の印象から、似合うファッションやメイクを導き出す「顔分析」の診断技術を考案し、明確なデータから人々のお洒落を格上げする活動を行っております。設立から1年で全国・海外に45人のインストラクターを輩出。1年間で400人以上の女性が受講し、メルマガ読者は現在1万5,000人を超えております。
「格上げおしゃれプランナー」公式サイト: http://kakuage.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?