菅沼孝三、今井義頼、川口千里を講師に迎え“ドラム合宿”を開催『ヤマハ・ドラマーズ・キャンプ in つま恋』

株式会社ヤマハミュージックジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:押木正人)は、ヤマハミュージックメンバーズ*のイベントとして、ドラム演奏者を対象とした合宿「ヤマハ・ドラマーズ・キャンプ in つま恋」を2019年8月26日(月)から28日(水)までの2泊3日で開催します。
本イベントは、「手数王」の異名をもつ菅沼孝三さんと、電子ドラムをアコースティックドラムに組み込んだニュースタイルを追求する今井義頼さん、中学生の頃から天才ドラマーとして知られる川口千里さんを講師に迎え、“音楽の聖地”として長年親しまれてきた「つま恋」で行います。レッスンや勉強会、講師による演奏、参加者の親睦を深める交流会など充実したプログラムです。最終日には家族や友人を招待して合宿の成果を披露する発表会を催します。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/184604/img_184604_1.png

<ヤマハ・ドラマーズ・キャンプinつま恋>
■日 程:2019年8月26日(月)~28日(水)
■会 場:つま恋リゾート 彩の郷(静岡県掛川市満水2000)
※レッスンや発表会などは、会場内「ミュージックガーデン」で行います。
※宿泊は施設の関係上、男女別での相部屋(1室4名程度)です。客室は、会場内「ノースウィング」のデラックスルームを予定しています。
■講 師:菅沼孝三、今井義頼、川口千里
■対 象:ドラム経験者
※ヤマハミュージックメンバーズ プレミアム会員・スタンダード会員が対象です。ヤマハミュージックメンバーズの入会手続きは、イベント参加応募時に簡単にできます。
※経験年数や演奏ジャンルは問いません。
■旅行代金(税込):プレミアム会員 55,000円、スタンダード会員 65,000円
※レッスン受講料、宿泊料(2泊)、食事代(朝2回、昼2回、夕2回)、施設利用料を含みます。
■定 員:30名様
※最少催行人数は10名様です。ご応募が定員を超えた場合は抽選を行います。
■スケジュール
1日目
13:30集合、オリエンテーションとグループ分け、レッスン、ドラムについての勉強会(シェル素材の違いによるによる音の聴き比べ、モデル別の比較など)、質問コーナー
2日目
レッスン、講師演奏、交流会
3日目
レッスン、発表会、15:00頃解散
■応募方法:下記ヤマハミュージックメンバーズWebサイトでご応募ください。
▼「ヤマハ・ドラマーズ・キャンプ in つま恋」
https://member1.jp.yamaha.com/event/detail/id=28455
■応募期間:2019年5月23日(木) 11:00 ~ 2019年7月16日(火) 17:00

<講師プロフィール>
菅沼孝三(ドラマー)
大阪で生まれ、8歳でドラムを始める。15歳でプロデビュー後、数多くのスタジオワーク、コンサートツアー、セッションに参加する。自己のドラムスクール「菅沼孝三ドラム道場」を全国6カ所で主宰。ドラムや打楽器の教則本、DVDを多数リリース。
クリニシャンとしても意欲的に取り組み、国内はもとよりワールドワイドにドラムフェスティバルやジャズフェスティバル、ドラムクリニックに出演。デヴィッド・ガリバルディ、ビリー・コブハム、デイヴ・ウエックル、ソニー・エモリー、スティーヴ・ジョーダン、ジェリー・ブラウン、サイモン・フィリップス、ベニー・グレヴ、トミー・アイゴ、ピーター・アースキン、ラス・ミラーほか、世界のトップドラマーと共演。
2014年にはスイスで開催される世界最大のジャズフェスティバル「モントルージャズフェスティバル2014」に出演。 2014年に北京で開催されたドラマーの祭典「ドラムサミット2014」に出演。アジア最大のバンドコンテスト「ASIAN BEAT」では3回ゲスト出演、審査員を務める。2015年には中国(温州、大連)、台湾(高尾、台北)のドラムフェスティバルでクリニック、パフォーマンスを行う。
アーティストのサポートでは、CHAGE&ASKA、稲垣潤一、工藤静香、織田哲郎、LOUDNESS、TOSHI(X JAPAN)、ローリー寺西、谷村新司、GACKT、HIDEKI(元シャム・シェード)、LIV MOON、吉川晃司、acid black cherry、DREAMS COME TRUEほか。
4枚のソロアルバムをリリース。参加ミュージシャンはスコット・キンゼイ(トライバル・テック)、リンカーン・ゴーインズ、ボブ・マラック、ビリー・シーン、高崎晃、矢堀孝一、MASAKI、ジェレミー・クローク、青柳誠、永井敏己、道下和彦、トーマス・ラングほか。
高速連打、変拍子、トリックプレイを駆使した独自のプレイスタイルで「手数王」の異名をとる。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/184604/img_184604_2.jpg

今井義頼(ドラマー)
「有形ランペイジ」のドラマー。幼少よりピアノ、14 歳の時に ドラムを始め、20 歳よりプロとしての活動を開始。以来、宮野真守、下野紘、T.M.Revolution、内田真礼、May'n、Jun.K(from.2PM)、SHINee、超特急、佐々木収(ex.MoonChild)、栄喜(SIAM SHADE)、坂東玉三郎、真琴つばさ、春野寿美礼、凰稀かなめ、ほか多くのアーティストのツアーやライブサポート、レコーディングに参加。阿部学(Gt)と2人のみで構成される自身のユニット「DTXperiment」では、アコースティックドラムとヤマハのエレクトロニックドラムDTXの融合キットを駆使してメロディーやベースラインを操り、独自のアンサンブル形態を構築している。
また「野獣王国」のサポートや、永井敏己(B)の「TOSHIMI SESSION」「桑原あいTrioProject」「Taku Yabuki;Hyper Active」などのインスト音楽シーンでも精力的に活動中。
演奏のみにとどまらず、作曲やアレンジなども積極的に行い、自身主宰のセッションライやドラムイベントを企画するなど、ジャンルを問わず精力的に活動している。
現在、ヤマハ、Zildjian、ASPRのエンドーサー。
公式Webサイト http://yoshinoridrums.wixsite.com/yoshinori-imai
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/184604/img_184604_3.jpg

川口千里(ドラマー)
1997年、愛知県生まれ。5歳でドラムを始め、8歳から「手数王」こと菅沼孝三氏に師事している。「YouTube」でのドラム演奏動画は世界中から注目され、その総再生回数は現在およそ4,000万回。また、世界的なドラム関連サイト「ドラマーワールド」で世界のトップドラマー500人に選ばれた日本人二人の内の一人でもある。2013年、若干16歳で待望の1stアルバム「A LA MODE」をリリース。2014年6月にはロサンゼルスでレコーディングされた2ndアルバム「Buena Vista」をリリース。2014年1月にロサンゼルスでの単独ライブが大成功。4月にはブルーノート東京で世界的ミュージシャンのリー・リトナー氏とも共演。夏にはE-girlsのアリーナツアーのサポートを務める。2015年3月にはライブDVD「Senri Kawaguchi Live Tour 2014“Buena Vista”」をリリース。
年末にはイギリス人の超絶ギタリスト、ガスリーゴーバンジャパンツアーのサポートに参加。2016年12月にはサウンドプロデュースにフィリップ・セスを迎え、ロサンゼルスでレコーディングした待望のメジャーデビューアルバム「CIDER ~Hard&Sweet~」をキングレコードからリリース。2017年にはそのリリースツアーを全国7カ所で行い、好評を博す。9月にはそのアルバムのレコーディングメンバーと共に東京ジャズに出演、横浜、名古屋、大阪のツアーも行う。10月にはインドに招かれ現地のトップミュージシャンと共演。またファンクベースの巨匠、ブーツィ・コリンズのアルバム「World Wide Funk」にも参加。12月にはブルーノート東京オールスター・ジャズ・オーケストラのメンバーとしてデビッド・サンボーンと共演。
またこの年、アメリカのドラム専門誌「DRUMHEAD MAGAZINE」の表紙を飾り、18ページにわたり特集される。現在はライブやスタジオワークなど国内外を問わず多彩に活躍中。
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/184604/img_184604_4.jpg


* 「ヤマハミュージックメンバーズ」は、音楽を楽しむ皆さま、ヤマハの製品やサービスをご愛用のお客さまにより充実した音楽ライフをお送りいただくための会員制サービスです。音楽や楽器に関する情報をお届けするほか、会員限定イベントや各種優待など、さまざまなサービス・特典を提供しています。スタンダード会員(年会費無料)・プレミアム会員(年会費有料)があります。
▼ヤマハミュージックメンバーズ Webサイト
https://member.jp.yamaha.com


【この件に関する一般の方のお問い合わせ先】
株式会社ヤマハミュージックジャパン 事業企画部 メディアセンター 会員事務局
〒108-8568 東京都港区高輪2-17-11
TEL:03-5488-6685 受付時間 10:00~17:00 ※土日・祝日を除く


▼プレスリリースファイル
https://www.atpress.ne.jp/releases/184604/att_184604_1.pdf




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?