製パン用酵素の市場規模は2028年までに11億6540万米ドルに達する見込み


画像 : https://newscast.jp/attachments/VUPlfU9kFbyAI2iZ4eqt.png


Report Oceanの最新調査によると、世界のベーキング・エンザイム市場規模は2028年までに11億6540万米ドルに達する見込みです。レポート「Baking Enzymes Market Share, Size, Trends, Industry Analysis Report, By Type (Protease, Carbohydrase, Lipase, Others); By Application (Cakes & Pastries, Bread, Pies, Biscuits & Cookies); By Regions (North America, Europe, Asia Pacific, Latin America, Middle East & Africa); Global opportunity analysis and industry forecast 2028」では、現在の市場ダイナミクスを詳細に把握し、今後の市場成長に関する分析を行っています。
ケーキ、ピザ、サンドイッチ、ハンバーガーなどのファストフード製品の需要は、ここ数年で大きく伸びています。消費者の多忙なライフスタイルに伴い、利便性の高い食事や外出先での食事の消費が増加しており、これが製パン用酵素市場の成長を支えています。魅力的なマーケティング戦略とポジショニング戦略に加え、市場参加者による革新的な製品の発売が、業界の成長を促進しています。


レポートの範囲を確認するためのリクエスト: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=BWCC104


ベーカリーの増加に伴い、新興国での製パン用酵素の需要が高まっていることも、市場に好影響を与えると予想されます。さらに、健康意識の高まりと食品科学における技術の進歩は、今後数年間、世界の製パン用酵素業界に多くの成長機会をもたらすと予想される要因です。
ベーキング酵素の種類には、プロテアーゼ、カルボヒドラーゼ、リパーゼなどがあります。カルボヒドラーゼは熱安定性が高く、様々なベーキング用途に使用できることから、2020年の世界のベーキング酵素業界では大きなシェアを占めています。しかし、プロテアーゼとリパーゼの需要は、予測期間中に増加することが予想されます。
プロテアーゼは、ミキシング時間の短縮、生地の均一性の維持、グルテン強度の調整、パンの食感や風味の改善などのメリットがあるため、パン、焼き菓子、ビスケットなどの大規模な商業生産に必要とされています。プロテアーゼは、パンの製造において、グルテンを多く含む混合物を変化させるために広く使用されています。また、ビスケット、クッキー、ケーキなどの製造にも使用されます。
製パン用酵素の用途には、ケーキ・ペストリー、パン、パイ、ビスケット・クッキー、その他があります。2020年には、パンのセグメントが最も高いシェアを占めました。世界的な食品貿易の拡大とファストフードの消費量の増加が、予測期間中にこのセグメントの成長を牽引すると予想されています。都市部では、パンを使った革新的な食品を提供する小規模なベーカリーやファーストフードチェーンが増加しています。
マルチグレインブレッド、ブラウンブレッド、スイートブレッド、グルテンフリーブレッドなどの軽量で健康的なパンをベースとした製品の発売、健康的な食生活に対する意識の高まり、eコマースプラットフォームの成長などが、今後数年間で多くの成長機会を提供する要因となると考えられます。さらに、健康的なスナックとしてのサンドイッチの消費が増加していることも、市場の成長を補完する要因となりそうです。
アジア太平洋地域のベーキングザイム市場は、予測期間中に著しい成長が見込まれています。人口増加、可処分所得の増加、食の嗜好の変化がこの地域の市場成長を牽引しています。この地域の消費者の座りがちなライフスタイルは、健康維持のためにベーカリー製品を消費することを促しています。欧米型の食習慣の普及、低カロリーの焼き菓子の健康効果に対する認識の高まり、パン職人や菓子職人の数の増加などが、この地域の焼き菓子用酵素の市場成長を促進しています。


主要プレイヤー


技術の進歩や用途の拡大に伴い、市場に参入している企業は、既存の顧客を維持し、市場シェアを拡大するために協力しています。主な市場参加者には、DowDuPont Inc.、Maps Enzyme Limited、SternEnzym GmbH & Co. KG、天野エンザイム株式会社、エングレイン、Royal DSM、Aum Enzymes、Puratos Group NV、AB Enzymes Gmbh、Dydaic International Inc.、Novozymes、Advanced Enzymesなどがあります。


セグメント化されています。


製パン用酵素、タイプ別展望(売上高、USD Million、2016年~2028年


プロテアーゼ
カーボハイドラーゼ
リパーゼ
その他


製パン用酵素、アプリケーションの展望(収益、USD Million、2016年~2028年


ケーキ&ペストリー
パン類
パイ
ビスケット&クッキー
その他


製パン用酵素の地域別展望(売上高、USD Million、2016年~2028年


北アメリカ
アメリカ
カナダ
ヨーロッパ
ドイツ
イギリス
フランス
イタリア
スペイン
オランダ
オーストリア
アジア・パシフィック
中国
インド
日本
韓国
マレーシア
インドネシア
ラテンアメリカ
ブラジル
メキシコ
アルゼンチン
中近東・アフリカ
サウジアラビア
南アフリカ共和国
イスラエル
アラブ首長国連邦


レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=BWCC104


私たちに関しては:
私たちは業界で最高の市場調査レポートプロバイダーです。 Report Oceanは、今日の競争の激しい環境で市場シェアを拡大するトップラインとボトムラインの目標を達成するために、クライアントに品質レポートを提供することを信じています。 Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、業界向けの「ワンストップソリューション」です。




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?