訪問美容「使いたくない」が54%。訪問美容に対する印象や関心度についてのアンケート調査。

美容室の口コミサイト「ヘアログ」( https://hairlog.jp/ )を運営する株式会社ノーマリズム(東京都目黒区)は、全国の20代~50代の男女を対象に、訪問美容に対する印象や関心度についてのアンケート調査を実施しました。アンケート結果をもとに、訪問美容へのイメージや利用に関する消費者行動を分析しましたのでご報告いたします。


■調査概要
調査対象: 全国の20代~50代の男女
回答数: 100名
調査期間: 2021年12月20日~ 2021年12月23日
調査方法: インターネット調査
調査結果URL: https://hairlog.jp/special/article/11518


■訪問美容の認知率は71%。




「訪問美容を知っていますか?」の質問では、『なんとなく知っている』が最も多い38%という結果となり、『詳しく知っている』『名前だけ聞いたことがある』と合わせて、71%が訪問美容について認知していることがわかりました。29%の人は『知らない』と回答し、およそ3割の人は訪問美容という言葉を聞いたことがないという結果となりました。


■訪問美容の印象「介護」が最多。



「訪問美容に対する印象を教えてください。」の質問では、『介護』のイメージを持つ人が最も多い結果となりました。また、高齢者やお年寄り向けのサービスであるという印象も多く見られ、やはり多くの人に介護が必要な人や高齢で外出が困難な人が使うサービスであると認知されているようです。また、『怪しい』『技術が低い、古い』などマイナスのイメージを感じるといった意見もありました。

■訪問美容「使いたくない」が54%。



「 現在、将来に訪問美容を使いたいと思いますか? 」の質問では、『使いたくない(あまり使いたくない)』が54%となり、『使ってみたい(やや使ってみたい)』をわずかに上回りました。その理由として以下のような意見がありました。

▽『使いたくない』と回答した理由 ▽
・知らない人が家に来るのが嫌なので。(20代/女性/静岡県/パート、アルバイト)
・金がかかるのと、美容師が偽者だったらとかの不安がある。(20代/男性/北海道/無職)
・家にあまり知らない人に入って欲しくない。(40代/女性/奈良県/パート、アルバイト)
・値段が高そうだし、うさんくさそうなイメージがする(30代/女性/神奈川県/パート、アルバイト)
・店でやった方が細部まできちんとできそうだから。(30代/男性/大阪府/正社員)
・騙されそうだから(50代/男性/千葉県/正社員)
・訪問美容ではないが、そういう類で以前いらないモノを売り付けられて、断ると契約するまで居座ると脅された事があるため(20代/女性/岐阜県/無職)
・自宅に訪問されて直接対面でやり取りすると、不要なもの・欲しくないものでも欲しくなるように上手く誘導されてつい買ってしまいそうで怖いから。(30代/女性/京都/府/正社員)

『使いたくない』と回答した方の理由としては「自宅に知らない人を入れたくない」「値段が高そう」「自分でセルフカットするから」という意見が多くありましたが、意外と多かったのが「騙されそう」「勧誘が多そう」「胡散臭い」などの訪問美容に対するネガティブなイメージ。訪問美容に限らず、自宅に業者が上がってきた際の経験から何かを強引に契約させられるといった悪い印象があるようです。

▽『使いたい』と回答した理由 ▽
・身だしなみが整うだけで気持ちも変わることは良くあるし、自分がそうなので、自身も家族も機会があれば使ってみたいと思っています。(30代/女性/大阪府/専業主婦)
・例え出かけられなくなっても身だしなみは整えていたい。(40代/女性/北海道/専業主婦)
・自分に介護が必要な状況になったら気持ちを明るくする上でも利用してみたいと思う。(30代/男性/千葉県/正社員)
・年を取って一人で外出できなくなった時に使いたい。(40代/女性/北海道/パート、アルバイト)
・自力で美容院に行くことが出来なくなったら使ってみたいから。(40代/女性/千葉県/専業主婦)
・美容室が苦手なので少しでもリラックス出来る場所がいいから(30代/女性/岩手県/無職)
・親が病気で外出できない時、自分がケガや病気で外出できない時、あと、健康でも美容院に行くのは少し緊張するものなので家まで来てくれたらリラックスしてカットしてもらったり髪を染めてもらえそうです。とても助かると思います。(40代/女性/長崎県/専業主婦)

『使いたい』と回答した方の理由としては「いつまでも綺麗でいたいから」「美容院よりリラックスできそう」というもの。自分自身だけではなく、在宅介護の祖父母や家族のために利用したいという方や、美容院の雰囲気が苦手で最もリラックスできる自宅で施術したいと考える人が多いようです。


■まとめ
「訪問美容を使ってみたいですか?」の質問では『使いたい 15%』『やや使ってみたい 31%』を合わせて46%の方が利用に前向きであるのに対し、『使いたくない 25%』『あまり使いたくない 29%』の合計54%の方が利用に対し、抵抗感があることがわかりました。

これは、訪問美容のイメージとして最も多い「介護」や「高齢者」などの印象や、押し売りや勧誘が多く「怪しい」といったネガティブなイメージも持たれていることが原因だと考えられます。

一方、「使いたい」と回答した、利用に前向きな方の意見としては、美容院よりリラックスした空間で落ち着いて髪を整えてもらえたり、外出が困難になった時でもプロの美容師に身だしなみを整えられるといった訪問美容ならではの意見が見られました。

技術が低い、高齢者向けのサービスなどのイメージもある訪問美容ですが、今は街のおしゃれな美容室が訪問美容に力を入れていたり、出産・育児中のママさんにも大変人気となってきたりと、盛り上がりを見せている業界です。

ぜひ、みなさんも機会があれば、訪問美容を使ってみてください♪


■調査結果の引用・転載について
本レポートの著作権は、株式会社ノーマリズムが保有します。
引用・転載される際は、「ヘアログ」( https://hairlog.jp/ )へのリンクと出典を明記してご利用いただくようお願いします。


■株式会社ノーマリズムについて
「最高の普通を追求します。これからの普通を創造します。」をコンセプトに、美容室の口コミサイト[ヘアログ]( https://hairlog.jp/ )など、主に美容室業界向けのWEBサービスを提供しています。



配信元企業:株式会社ノーマリズム
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?