青森県出身のアートディレクター・森本 千絵氏原画・監修のステンドグラス「青の森 へ」をモチーフにした商品を2022年12月20日より発売

株式会社エヌケービー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:外谷 敬之/以下、NKB)は、青森県三沢市出身のアートディレクター森本 千絵氏が原画・監修を務め、クレアーレ熱海ゆがわら工房で製作、青森空港に設置した大型ステンドグラス「青の森 へ」のグッズを2022年12月20日より発売します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/339224/LL_img_339224_1.jpg
「青の森 へ」グッズ発売

青森県の更なる文化発信・地域振興を目的に、森本氏が主宰を務める株式会社goen°(本社:東京都渋谷区、代表取締役:森本 千絵)及び青森県を代表する名産品である「津軽びいどろ」の北洋硝子株式会社(本社:青森県青森市、代表取締役:壁屋 知則)・「陸奥八仙」の八戸酒造株式会社(本社:青森県八戸市、代表取締役社長:駒井 庄三郎)と共同で開発したもので、2022年12月20日より青森県のお土産店・観光施設、CREARE ART online storeにて販売します。

パブリックアートが地域の活性に果たす役割は大きく、日本各地で芸術・文化による街おこしの取り組みが増加しています。NKBは、国内随一のステンドグラス・陶板レリーフの製作工房「クレアーレ熱海ゆがわら工房」(静岡県熱海市)を運営しており、これまで全国に550作品以上のパブリックアートを設置してきました。我々はクレアーレ熱海ゆがわら工房が制作した数々の作品を「クレアーレアート」と称しており、設置された地域の自然・文化が描かれた地域性豊かなデザインが特徴です。

このたび、さらなる芸術・文化を通じた地域振興を推し進めるべく、この「クレアーレアート」を核に、作品を設置した地域の自治体や地元企業と連携した観光誘致支援および名産品開発の取り組みを開始しました。本事業は、その第一弾となるもので、ステンドグラス「青の森 へ」のグッズ開発と販売を通じて、青森の地域活性化の一助となることを目指します。


■ステンドグラス「青の森 へ」グッズ概要
青森空港の大型ステンドグラス「青の森 へ」には奥入瀬や白神山地、ねぶた祭など青森の自然と文化が活き活きと描かれており、訪れる人を“青の光”で出迎えています。この作品で表現されている青森の雄大な魅力を感じられるよう、ポストカードを始めとしたステーショナリーから実物と同じガラスを用いたステンドグラス小物、青森県の名産品とのコラボレーション商品まで幅広く展開いたします。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/339224/LL_img_339224_2.jpg
ステーショナリー商品
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/339224/LL_img_339224_3.jpg
青森県名産品コラボレーション商品

「『青の森 へ』津軽びいどろ盃」の形状は、同じ日本酒でもお猪口の形で味わいの感じ方が変わることに着目し、「八仙『青の森 へ』特別ラベル」がもつ果実味とみずみずしく爽やかな後味を最も感じられるよう、北洋硝子株式会社・八戸酒造株式会社と共同で選定いたしました。「青の森 へ」を感じる特別なペアリングをお楽しみいただけます。

◇北洋硝子株式会社
「津軽びいどろ」を生み出すのは青森県にある石塚硝子のグループ会社、北洋硝子株式会社。始まりは1949年、漁業用の浮玉(うきだま)製造からでした。 その成形技術と色ガラスを掛け合わせた工芸品として、「津軽びいどろ」が誕生しました。職人たちは技術開発にも力を注ぎ、美しい色ガラスの調合や、高い技術を要する技法もほぼ独学で習得するなど、常に新しい技へのたゆまない努力を続け、1996年創設初年度の青森県伝統工芸品に指定されました。

◇八戸酒造株式会社
元文5年(1740年)初代駒井 庄三郎が青雲の志で近江国を出、陸奥の地にて酒造りの道に入り、以来蔵元代々酒を造り続けてきました。現在、八代目庄三郎は青森県の地蔵として県産の米と酵母にこだわり、仕込み水は八戸・蟹沢地区の名水を使用した、時代が求める環境と健康に配慮した安全で美味しい酒造りに挑戦しています。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/339224/LL_img_339224_4.jpg
ステンドグラス小物商品

●販売店舗
・青森県内のお土産店・観光施設
・CREARE ART online store「青の森 へ」特設ページ: https://store.creare-art.net/pages/aonomorihe
※2022年12月20日オープン


■ステンドグラス「青の森 へ」について
青森空港の大型ステンドグラス「青の森 へ」は、青森県三沢市出身のアートディレクター森本 千絵氏が切絵で制作した原画をもとに、クレアーレ熱海ゆがわら工房(静岡県熱海市)が製作したステンドグラス作品です。本作品には、森本氏が幼少期にみた青森県の豊かな自然や文化が85色約3,200ピースものガラスで色鮮やかに描かれています。
四季折々の表情を見せる奥入瀬や白神山地、瑞々しく輝くりんご、表情豊かな温湯こけし、躍動感あふれるねぶた祭―
青森の魅力が凝縮された、まるで旅をするように楽しんでいただける作品です。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/339224/LL_img_339224_5.jpg
ステンドグラス「青の森 へ」

<作品情報>
作品タイトル:「青の森 へ」
原画・監修 :森本 千絵
場所 :青森空港 旅客ターミナルビル1階 チケットロビー
設置時期 :2021年2月24日
サイズ :H2.4m×W11.4m
企画 :公益財団法人日本交通文化協会
製作 :クレアーレ熱海ゆがわら工房
助成 :一般財団法人日本宝くじ協会

<原画家プロフィール>
森本 千絵(もりもと ちえ)
アートディレクター・コミュニケーションディレクター/武蔵野美術大学術大学視覚伝達デザイン学科客員教授
1976年青森県三沢市で産まれ、東京で育つ。
武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科を経て博報堂入社。2007年、もっとイノチに近いデザインもしていきたいと考え「出会いを発明する。夢をカタチにし、人をつなげる」をモットーに株式会社goen°を設立。
主な仕事に松任谷由実、Official髭男dism、Mr.Children30周年のアートワーク、広告の企画、演出、商品開発、本の装丁、映画・舞台の美術や、動物園や保育園の空間ディレクション、青森空港のステンドグラス壁画を手掛けるなど、活動は多岐にわたる。

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/339224/LL_img_339224_6.jpg
森本 千絵氏

<工房紹介>
クレアーレ熱海ゆがわら工房
ステンドグラスと陶板レリーフを中心に製作しているアートスタジオ。ここで創られた作品の多くは、パブリックアートとして駅や空港などの公共施設に設置されており、これまで多くの著名アーティストとコラボレーションをしながら1,000近い作品を生み出してきました。この工房で創られた作品を我々はクレアーレアートと呼んでいます。
2022年にはCREARE ART online storeを開設、暮らしを彩るクレアーレアートをお届けしてまいります。

画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/339224/LL_img_339224_7.jpg
クレアーレ熱海ゆがわら工房


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?