109シネマズとの特別コラボレーションが決定! 4月16日(金)より、新作オリジナル作品「ほしぐま」を 全国の109シネマズとムービルで上映開始!


日本アニメーショングループのジェイ・アニメ・ドットコム株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:本橋壽一)は、当社がCGクリエイター“にじたろう”と共に製作するアニメーション作品「ほしぐま」と、株式会社東急レクリエーション(本社:東京都渋谷区、取締役社長:菅野信三)との特別コラボレーションの実施を決定いたしました。
4月16日(金)より「109シネマズほしくず劇場 ほしぐま」(第1話)を、全国の109シネマズとムービルで映画がはじまる前の時間(場内が暗くなった後)に上映いたします。「109シネマズほしくず劇場 ほしぐま」は、“にじたろう”原作の短編アニメシリーズをベースに、109シネマズにご来場いただくお客様のために制作された完全オリジナルアニメーションです。第2話以降も、映画の仕組みや季節をテーマにした心温まるおはなしを上映して参ります。


画像 : https://newscast.jp/attachments/FYoN7axUj4tnCo4ClSbS.png
©Nijitaro/Janime.com


概要


●上映情報
作品名: 109シネマズほしくず劇場 ほしぐま」
上映期間: 2021年4月16日(金)~
上映場所: 全国の109シネマズ、ムービル
●スタッフ
原作・アニメーション制作:にじたろう
音楽:眞中やす、佐藤真吾
企画・製作:ジェイ・アニメ・ドットコム株式会社
クレジット:©Nijitaro/Janime.com


参考資料


にじたろう(CGクリエイター)


【プロフィール】 にじたろう(CGクリエイター)
子どもやファミリー向けのアニメ・デザイン制作を行う。2008年に初めて発表した短編アニメ「ブッチ」「うさむくん」が国内の複数コンテストで受賞後、両作品ともにフジテレビCSチャンネルで1年以上放送され、「ブッチ」はフランス、スイス、イタリア、アメリカの短編映画祭や美術館等で上映される。2019年ANA国内線・国際線の機内上映用に環境保護をテーマとした「ブッチ」の新作を制作。2010年から短編アニメ “ほしぐま” シリーズを発表し続け、2019年「パパのパイ」がキネコ国際映画祭(日本)のほかフィンランド、韓国、インドネシアの各子ども映画祭で上映され、2020年なかまぁる Short Film Contest(主催:なかまぁる編集部(朝日新聞社))にて優秀賞を受賞。またBSフジの子ども向け番組「Beポンキッキ」(現在終了)にて子どもの絵をアニメ化するコーナーを担当したのをきっかけに、2013年頃より大勢の子どもの絵をアニメにして上映するワークショップ “コドモーション” を開始し、これまでに国内の教育施設や商業施設のほか、海外ではスイス(チューリッヒ、シャフハウゼン)、フィリピン、韓国、ベトナムで実施している。
●ほしぐまHP:https://hoshiguma.com/ 
●にじたろうHP:https://nijitaro.jp/




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?