47%がコロナ禍で結婚意識高まる。7割以上「今の恋人と結婚したい」約7割が結婚や出産などライフイベントを写真で残したい。お子さまや家族の“とっておきの365日”を記録するスタジオアリスの撮影プラン

株式会社スタジオアリス(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:牧野 俊介)は、全国の恋人がいる未婚の男女500名を対象に「結婚・出産に関する意識調査」を実施いたしましたので、その結果をご報告します。
本調査では、7割以上に結婚願望があり、そのうち47.0%がコロナの影響で結婚意識が高まったと回答しました。また、半数以上が子どもを欲しいと思っている一方で、61.2%がコロナ禍での結婚・出産に不安を抱えていることも明らかになりました。
さらに、約6割が子どもができたらお宮参りに行きたいと考えていることや、7割近くが結婚や出産など重要なライフイベントは写真で残したいと考えていることも判明しました。スタジオアリスでは、大切な思い出を美しく残す撮影プランを多数ご用意しております。マタニティフォトや百日祝いなど、お子さまやご家族の“とっておきの365日”を未来へ続く宝ものにするお手伝いをいたします。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/264656/img_264656_1.png

調査結果 トピックス
1.恋人のいる7割以上が結婚願望あり。47.0%がコロナ禍で結婚意識の高まりも
今の恋人と結婚したいと思うかについて「思う(37.2%)」「どちらかといえば思う(37.4%)」
2.コロナ禍で「家族の大切さを感じるようになった」。一方で61.2%が結婚や出産に不安も
不安を感じる理由「家族をコロナから守らなくてはいけない(57.2%)」「経済的に不安定(55.9%)」
3.結婚式を挙げたいと思わない人が多数派?「お金に余裕がない」「コロナ禍では控えたほうが良い」
結婚式を挙げたいと思う:34.2% 結婚式を挙げたいと思わない:65.8%
4.約7割が重要なライフイベントは写真で残したい。「人生において貴重な瞬間だから」
ライフイベントは写真に残したいと思うかについて「思う(29.8%)」「どちらかといえば思う(36.8%)」
5.約6割が「子どもができたらお宮参りに行きたい」
子どもができたらお宮参りに行きたいと思うか「思う(27.0%)」「どちらかといえば思う(32.6%)」


■ 1.恋人のいる7割以上が結婚願望あり。47.0%がコロナ禍で結婚意識の高まりも
まず、現在恋人がいる未婚の男女に、結婚願望の有無について質問しました。その結果、「思う(45.0%)」「どちらかといえば思う(29.0%)」を合わせると7割以上の人が「結婚したい」と思っていることが分かりました。
また、コロナが結婚への意識に変化をもたらしているかについて調査すると、47.0%の人が「結婚への意識が高まった」と回答。その理由としては、「一人で過ごす時間が増えて、人と過ごす時間が大切に思えたから」(大阪府・38歳・男性)、「何かあったときに精神的にも経済的にも頼れる人が欲しいから」(東京都・39歳・女性)、「恋人のままだと緊急事態宣言で会うことを自粛せざるを得ない関係になってしまうから」(岡山県・51歳・女性)などが挙げられました。日常生活に様々な影響を及ぼしているコロナですが、人々の結婚に対する意識もコロナによって変わってきているようです。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/264656/img_264656_2.png

74.6%が今の恋人と結婚したいと考えている
さらに、今お付き合いしている恋人と結婚したいと思っているかについて聞いたところ、「思う(37.2%)」「どちらかといえば思う(37.4%)」を合わせて74.6%が今の恋人との結婚を考えていることが明らかになりました。
その理由について尋ねると、「性格・価値観が合うから(68.9%)」が最も多く、次いで「付き合いが長いから(38.9%)」「家族を大事にしてくれそうだから(31.1%)」などが挙げられました。不安が多いコロナ禍で、結婚相手には信頼感や安定を求める人が増えているのかもしれません。
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/264656/img_264656_3.png


■ 2.コロナ禍で「家族の大切さを感じるようになった」。一方で61.2%が結婚や出産に不安も
コロナ禍における結婚への意識が明らかになりましたが、子どもについてはどのように考えている人が多いのでしょうか。子どもを欲しいと思うかについて聞いたところ、「思う(29.2%)」「どちらかといえば思う(23.8%)」を合わせて、半数以上の恋人がいる未婚の男女が子どもを欲しいと思っていることが分かりました。
続いて、コロナ禍で子どもが欲しいという思いが強まったかについて質問した結果、4割の人が「強まった(13.6%)」「どちらかといえば強まった(26.8%)」と回答。「家族の大切さを一層感じるようになったから」(東京都・33歳・男性)、「テレワークを導入している会社が増え、育児と仕事の両立がしやすくなったと思うから」(埼玉県・28歳・女性)、「家にいる時間が長くなったので、子どものいる生活がどのようなものか想像したり、仕事が辛いときに迎えてくれる存在に憧れるようになったから」(東京都・42歳・女性)などの意見が寄せられました。結婚と同様、子どもに対する考え方もコロナ禍を経て変化した人は多いようです。
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/264656/img_264656_4.png

61.2%がコロナ禍の結婚・出産に不安も
結婚や出産に前向きな意見が多かった一方で、今までとは違う情勢の中での結婚・出産に対し不安の声も見られました。コロナ禍での結婚・出産に不安はあるかについて聞いたところ、61.2%の人が「ある(28.0%)」「どちらかといえばある(33.2%)」と答えました。その理由について尋ねると、「家族をコロナから守らなくてはいけないから(57.2%)」「コロナの影響で経済的に不安定だから(55.9%)」という意見に票が集まり、結婚・出産においてもコロナの脅威や経済的打撃を不安視する人が多いことが分かりました。
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/264656/img_264656_5.png


■ 3.結婚式を挙げたいと思わない人が多数派?「お金に余裕がない」「コロナ禍では控えたほうが良い」
続いて、結婚や出産の関連行事について調査を行いました。まず、結婚といえば誰もが思い浮かべる「結婚式」への意識について質問。結婚式を挙げたいと思うかについて、34.2%の人が「思う(14.4%)」「どちらかといえば思う(19.8%)」、65.8%の人が「思わない(45.2%)」「どちらかといえば思わない(20.6%)」と答えました。
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/264656/img_264656_12.png

さらに、結婚式について、挙げたいと思う人、挙げたいと思わない人の具体的な意見をそれぞれ聞いてみました。すると、挙げたいと思う人からは「一生に一度のイベントなので大切にしたい」といった、記念として大切にしたいという声が多く挙がりました。一方、挙げたいと思わない人からは、金銭面やコロナへの不安の声が多く挙がりました。

<結婚式を挙げたいと思う・どちらかといえば思う>
「一生に一度の事なので、少人数でもいいからやりたい」(埼玉県・44歳・女性)
「何か記念になる事をしたいから」(千葉県・45歳・女性)
「式だけはきちんとしたい」(神奈川県・39歳・男性)
「人生において、素晴らしいイベントであるから」(愛知県・23歳・男性)
「相手の両親の気持ちも考えると、やはりケジメをつけなくてはいけないと思うから」(京都府・46歳・男性)
「家族や親せき、友達に自分の幸せな姿をアピールできる最高の機会だから」(埼玉県47歳・男性)
「両親祖父母に晴れ姿を見せてあげたいから」(東京都・24歳・女性)
「一生に一度なので。ウエディングドレスは着てみたいし、ブーケトスはやってみたい」(神奈川県・49歳・女性)
「友人に払った御祝儀代を取り戻したい」(青森県・33歳・男性)
「憧れだし、家族や大切な人に見てもらいたい気持ちがある。両家の家族、親族などとの繋がりや絆も育みたいから」(神奈川県・38歳・女性)

<結婚式を挙げたいと思わない・どちらかといえば思わない>
「周りの人に集まってもらうのが申し訳ないから」(大阪府・26歳・男性)
「年齢も年齢だし、お互いこだわりが無いうえにコロナでそもそも実施する事すら難しい」(千葉県・45歳・男性)
「無駄遣いだと感じる。親族の食事会だけで良いと思う」(茨城県・52歳・女性)
「お互いの気持ちが通じ合っていれば、周りは関係ないと思うから」(大阪府・58歳・男性)
「結婚式にかかるお金を旅行など別のことに使いたい」(東京都・41歳・女性)
「派手な出費は避けたい」(高知県・46歳・男性)
「お金に余裕がないし、疎遠になってる友達も多い為」(北海道・32歳・女性)
「ウェディングドレスは着たいが、大勢の人に見てもらいたいとは思わない」(東京都・30歳・女性)
「元々あまり興味がない」(兵庫県・42歳・女性)
「コロナ禍で、今後の生活様式のひとつとして控えたほうがよいと感じるから」(東京都・36歳・男性)


■ 4.約7割が重要なライフイベントは写真で残したい。「人生において貴重な瞬間だから」
結婚式を挙げることについては様々な意見がありましたが、結婚や出産、それに関連する行事など重要なライフイベントを“写真”で残すことについてはどのように考えている人が多いのでしょうか。重要なライフイベントを写真で残したいかについて質問すると、7割近くの人が「思う(29.8%)」「どちらかといえば思う(36.8%)」と答えました。
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/264656/img_264656_13.png

その理由について聞いたところ、約8割の人が「人生において貴重な瞬間だから(79.3%)」と回答。その他には、「記憶を形で残しておきたいから(56.8%)」「子どもが成長したときに見せたいから(49.2%)」といった声が挙がりました。大切な一瞬を写真で残し、蓄積していきたいと考える人が多いと分かりました。
経済的理由やコロナの不安から結婚式を控えたいカップルも、スタジオ撮影は検討しやすい価格帯で安全に思い出を美しく残すことができると言えます。人生の節目に、本格的な写真撮影を検討してみるのも良いかもしれません。
画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/264656/img_264656_14.png

■スタジオアリスのブライダルフォトについて
結婚、出産など人生において貴重なイベントを大切にしたいと思っている人や、そのようなライフイベントを写真という形で残しておきたいと思っている人も多いことが明らかになりました。スタジオアリスでは、二人の大切な記念日を鮮やかに残す「ブライダルフォト」の撮影をご用意しています。様々な和装・洋装をご用意しておりますので、女性も男性も好みの一着をお選びいただけます。花嫁の幸せを引き出すヘアセットやメイクもお任せください。

<ブライダルフォトとは>
結婚するお二人の姿を記念に残す「ブライダルフォト」。結婚式は一生に一度の特別なステージです。二人の永遠の記念日を、鮮やかな写真で残しませんか。
画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/264656/img_264656_6.png
※スタジオアリスHALULUのみのお取り扱いとなります。

■スタジオアリスのマタニティフォトについて
スタジオアリスでは、出産前の貴重な瞬間を美しく残す「マタニティフォト」の撮影をご用意しています。光があふれる背景や、やさしくあたたかな雰囲気を演出するナチュラルテイストなセットで、ご家族の幸せに包まれた姿を写し出します。マタニティドレスはもちろんのこと、お兄ちゃん、お姉ちゃんとなるお子さまの衣装代も無料でお貸出しさせていただきます。

<マタニティフォトとは>
赤ちゃんを授かり大切に育む時間。日ごとに大きくなるお腹に愛おしい気持ちもふくらみます。そんな想いを、パパといっしょに写真に残しませんか。お子さまの誕生後に、写真を見ながらお子さまに話してあげるのもおすすめです。

<妊娠何ヶ月で撮るのがいいの?>
いちばん大切なのは、ママとお腹の中の赤ちゃんの健康。ママに負担がかかりすぎず、お腹が大きく目立ってくる妊娠8ヶ月頃がおすすめです。体調を優先して、撮影をお楽しみください。
画像10: https://www.atpress.ne.jp/releases/264656/img_264656_11.png

<マタニティドレス ラインアップ>
画像11: https://www.atpress.ne.jp/releases/264656/img_264656_7.png

※店舗によって品揃えが異なります。


■ 5.約6割が「子どもができたらお宮参りに行きたい」
最後に、写真で残しておきたい貴重なイベントのひとつである「お宮参り」について調査しました。「お宮参り」は、地域の氏神様の神社に子どもの健やかな成長を祈願する行事です。子どもができたら行きたいと思うかについて質問したところ、「思う(27.0%)」「どちらかといえば思う(32.6%)」を合わせると、約6割にあたる59.6%が「お宮参りに行きたいと思う」と回答。時代は変わっても、子どもにとって一生に一回しかない大切な伝統行事はしっかり行いたいと考える人が多いようです。
画像12: https://www.atpress.ne.jp/releases/264656/img_264656_15.png

■スタジオアリスのお宮参り(ニューボーンフォト)撮影について
スタジオアリスでは、お子さまの誕生の喜びを家族みんなでお祝いするお宮参り撮影をご用意しております。撮影予約をいただくと、お宮参り用祝着を無料でお貸出しさせていただきます。また、お子さまといっしょに和装での撮影を楽しめる「パパママ着物フォトプラン」もご用意しております。着物や小物を一式お貸出しさせていただくほか、経験豊富なスタッフがパパ・ママの着付けもスムーズに行います。

<お宮参りとは>
お宮参りは地域の氏神様の神社に、お子さまの健やかな成長を祈願する大切な行事。一般的に男の子は生後31日目、女の子は生後33日目に行うとされています。おじいちゃん・おばあちゃんも揃うよい機会なので、家族の喜びを写真に残しませんか。

<ニューボーンフォトとは>
寝顔や小さい手足など、「この時にしか撮ることのできない写真」と最近話題のニューボーンフォト。生後1カ月ごろのお宮参り撮影時に一緒に撮影するのがおすすめです。
画像13: https://www.atpress.ne.jp/releases/264656/img_264656_8.png

■スタジオアリスのお宮参り出張撮影(エリア限定)について
スタジオアリスでは、境内で撮影したいという方のために、東京都23区内で「出張撮影サービス」もご用意しております。お宮参り用祝着1着の無料レンタルがセットになっていますので、お着替えした撮影も楽しめます。カメラマンがつきっきりで撮影するので、ご家族全員をしっかり記録します。

<お参り用祝着 ラインアップ>
■女児祝着(のしめ)
画像14: https://www.atpress.ne.jp/releases/264656/img_264656_9.png

■男児祝着(のしめ)
画像15: https://www.atpress.ne.jp/releases/264656/img_264656_10.png


※店舗によって品揃えが異なります。
■調査概要
・調査テーマ:結婚・出産に関する意識調査
・調査方法:WEBアンケート調査
・調査対象者:恋人がいる未婚の男女500名
・調査実施日:2021年6月11日~14日
・調査主体:株式会社スタジオアリス


■ ■株式会社スタジオアリスについて
【株式会社スタジオアリス 会社概要】
画像16: https://www.atpress.ne.jp/releases/264656/img_264656_16.jpg

会社名:株式会社 スタジオアリス
本社所在地:〒530-0001 大阪市北区梅田1丁目8番17号 大阪第一生命ビル7F
TEL:06-6343-2600
FAX:06-6343-5600
設立年月日:昭和49年5月10日

代表者:代表取締役社長 牧野 俊介
資本金:18億8595万300円
主力銀行:三菱UFJ銀行 梅田中央支店
事業内容:こども専門の写真スタジオ

スタジオアリス公式サイト URL:https://www.studio-alice.co.jp/









詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?