BS朝日「バトンタッチ SDGsはじめてます」 4月3日放送から土曜よる6時に“お引っ越し” 「TVer」など見逃し配信もスタート!

BS朝日は、2020年4月に放送を開始し、SDGsの取り組みを伝えてきた人気番組「バトンタッチ SDGsはじめてます」(番組ナビゲーター・谷原章介)が、この4月から放送日時を毎週土曜よる6時に変更し、内容もパワーアップすることをお知らせいたします。
さらに、テレビ朝日の見逃し配信サービス「テレ朝キャッチアップ」で配信されることも決定。4月3日の放送終了後から、民放公式テレビポータル「TVer」などのプラットフォームで無料視聴できます。


■実現までの苦難、ブレイクスルー… “SDGsな人たち”への密着ドキュメント
SDGsは2015年9月の国連サミットで採択され、加盟193カ国が2016年から2030年までの15年間で達成するために掲げた17の持続可能な開発目標です。
2030年は今から9年後。番組では、SDGsに取り組んでいる人たちを密着取材。そこに映し出されるのは、人間、社会、地球環境にまつわる「持続可能な未来」への活動と、その裏にある“思い”…。SDGsを実現するまでの苦難やブレイクスルーなどのヒストリーを伝えるヒューマンドキュメンタリーに番組を強化し、誰もが明日から一歩踏み出せる、気持ちの“バトン”をお届けします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/253499/LL_img_253499_1.jpg
番組ナビゲーター・谷原章介


【4月3日の放送内容】
(1)未来を育む1食50円「朝ごはんやさん」
およそ7人から10人に1人。「毎日朝ごはんを食べる」習慣がない小学生の割合です。
成長期の朝ごはんは、健やかな体づくりにはとても大切です。しかし、いろいろな事情で家庭で朝ごはんを食べられない子もいます。そんな子たちに、とっておきの朝ごはんを1食50円という料金で提供している表西(おもにし)弘子さん。「子どもに温かい朝ごはんを食べさせたい」という気持ちで数々の困難を乗り越えて4年。未来を育む取り組みに迫ります。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/253499/LL_img_253499_2.jpg
1食50円の「朝ごはんやさん」で子どもたちをサポートする表西弘子さん(右)

(2)中学生が始めた「川の図書館」
およそ1年前、日曜日の多摩川河川敷に青空図書館が開館しました。本は全て無料で借りたり、もらったりすることができます。絵本、小説、漫画、洋書とジャンルはさまざま。
この素敵なフリーライブラリー「川の図書館」を始めたのは中学生の熊谷沙羅さん。蔵書600冊以上というこの図書館をどうやって作りあげたのでしょうか?学業と両立しながら図書館の全国展開を目指す沙羅さんの挑戦を、ぜひご覧ください。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/253499/LL_img_253499_3.jpg
フリーライブラリー「川の図書館」を始めた熊谷沙羅さん(右)


■ナビゲーター・谷原章介コメント 「SDGsのバトンを広げていきたい」
ここまで1年間ナビゲーターを務めさせて頂き、周囲からも多くの反響を頂いています。4月から放送時間が土曜よる6時という、お子様などより多くの方に見て頂きやすい環境に移り、とても嬉しく思っています。
SDGsは、世代や性別、国籍、社会的な立場に関係なく、みんなが取り組むことだと思います。
4月3日の放送では、多摩川河川敷でのフリーライブラリー「川の図書館」という、中学生の女の子がはじめたSDGsの取り組みをご紹介します。彼女がいかにして課題と向き合い、実現できたかを伝えることで、例えば、アイデアはあっても行動に移せない方、彼女より年下の小学生の子たちが何かをするきっかけになれたらいいなと思います。
4月からも、自分自身も今からできる身近なことでの取り組みを続け、番組からSDGsのバトンを広げていきたいと考えています。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/253499/LL_img_253499_4.jpg
番組ロゴ


【番組情報】
BS朝日「バトンタッチ SDGsはじめてます」(毎週土曜よる6:00~6:55)
※リニューアル初回は4月3日(土)放送です


■CAST
【ナビゲーター】谷原章介
番組ホームページ https://www.bs-asahi.co.jp/passthebaton/
「BS朝日 SDGs on the Web」 https://www.bs-asahi.co.jp/sdgs/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?