CAC Holdings出資先の訪日外国人観光客向けの飲食店予約・決済サービス「尋味tastetrip」が「Visit Japan with Visa 2018-2019」に参加

株式会社CAC Holdings(本社:東京都中央区、代表取締役社長:酒匂 明彦)の出資先であるtourcandy株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO:劉 亦奇)は、運営する訪日外国人旅行者向けの飲食店予約・決済サービス「尋味tastetrip」( https://www.tastetrip.cc/ )にて、ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安渕 聖司、以下「Visa」)の展開する外国人旅行者向け優待特典プログラム「Visit Japan with Visa 2018-2019」に参加し、2019年2月1日よりサービスを開始しました。


尋味tastetripは、専門スタッフが厳選した日本全国にある人気飲食店、旅行施設や体験ツアーをオンラインにて予約・事前決済をするサービスです。当サービスを通して年々増加傾向にある訪日外国人に向けて満足度の高い旅行を提供する一方で、飲食店や旅行施設は事前決裁による無断キャンセルの防止というメリットを享受しています。
「Visa Japan with Visa 2018-2019」でのサービス開始により、世界200以上の国と地域のVisaのお客様方に「尋味tastetrip」をご活用いただき、より満足度の高い日本旅行をお届けしたいと考えています。

尚、当サービスにおけるシステム開発についてはCACグループであるCAC上海が技術サポートをしており、tourcandyのビジネス展開を全面的に支援しています。
CAC Holdingsは、今後も中期経営戦略の施策である、インバウンドビジネスの拡大に取り組みます。

参考:
「尋味tastetrip」公式サイト:
https://www.tastetrip.cc/

「Visit Japan With Visa 2018-2019」「tastetrip」サービス:
https://www.visa.co.jp/visitjapan/en-offer-detail.html?offerId=127106 (英語)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?