ECCOから“1点もののレザートートバッグ”9月11日発売 『TANNERY SERIES 001(タナリー シリーズ 001)』 ECCO限定直営店舗で販売

デンマーク発・シューズ&レザーグッズブランド『ECCO(エコー)』は、2020年9月11日より『TANNERY SERIES 001 (タナリー シリーズ001)』トートバッグを「銀座店」「表参道店」「青山Ao店」「横浜元町店」「西宮ガーデンズ店」にて販売開始します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/225971/LL_img_225971_1.jpg
1. 実験的で革新的なレザーが実用的なトートバッグに

TANNERY SERIES 001 スペシャルサイト
https://jp.ecco.com/20aw-tannery-series.html


■商品特長
<1. 実験的で革新的なレザーサンプルとアーカイブが1万円で購入できる実用的なトートバッグに>
デンマークに本社を置くECCOは革の製造から靴のデザイン、製造、流通、販売に至るまでを自社で一括管理・運営する世界でもユニークなシューズブランド。ECCOの子会社でありオランダに拠点を置くECCO LEATHER(エコー レザー)の工場がECCOのシューズとレザーグッズのみならず世界中のブランドやメゾンに使用する膨大な数のレザーを生み出していることは、まだまだ知られていません。
レザー製造に1枚あたり約20リットル・年間で約2,500万リットルを節水しながら 品質はそのままにキープしたレザー「DriTan(TM)(ドライタン)」や鉄よりも強靭で世界最強・極薄・軽量なDyneema(R)(ダイニーマ)と言われる素材とボンド加工した「Dyneema(R) Leather(ダイニーマレザー)」などの数々の革新的なレザーを生み出すECCO LEATHER。そのラボで日々創り出される未使用のサンプルと膨大なアーカイブを使用して今回発売するトートバッグ『TANNERY SERIES 001』が生まれました。

<2. 多彩なレザーから、一点ものを探す愉しみ>
実用的でシンプル、男女兼用で使用できるユニセックスなトートバッグはクラシックなものからプレミアムなものまで実験的なレザーが使用されています。忙しい都会の生活向けにデザインされたトートバッグは、あらゆるものを入れられる大き目サイズ(H41.5cm×W43.5cm×D11.5cm)。
丈夫な織のストラップで肩にかけても快適で、ゆったりしたサイズ感はリラックススタイルに最適です。サンプルレザーやアーカイブを使用しているため、商品にはそれぞれの商品番号や色番という概念がなく店舗によって入荷されるレザータイプがそれぞれ異なるのもユニーク。お気に入りの一点ものを探す愉しみをお届けします。(*紹介している商品写真のものがそのまま店舗にない場合がございます)

<3. 持続可能な社会のために>
ECCOのクリーンでサステナブルなレザーづくりの姿勢は創業当時から変わりません。多数のレザーサンプルとアーカイブを利用しトートバッグにアップサイクルした『TANNERY SERIES 001』をはじめ、廃棄物の最小化とエネルギーに変える自給自足の工場運営、限りなく水の使用を最小化した『DriTan(TM)』レザーの開発など、環境にも人にも優しいブランドを目指しています。

ECCO LEATHERの環境への取り組みはコチラ
https://jp.ecco.com/eccoleather_special.html
ECCO LEATHERの公式サイトはコチラ(英語のみ)
https://eccoleather.com/


■TANNARY SERIES 001 (タナリーシリーズ001) トートバッグ
サイズ : H41.5cm×W43.5cm×D11.5cm
価格(税抜): 10,000円
販売店舗 : <銀座店>
〒104-0061 東京都中央区銀座3丁目2-10
https://goo.gl/maps/bZ6KVbxcYzUpbeL78
<表参道店>
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6丁目31−15
https://goo.gl/maps/wVj9DY1VX5VTkWjf7
<青山Ao店>
〒107-0061 東京都港区北青山3丁目11-7
https://goo.gl/maps/pk5zCyj75Hd14UWo8
<横浜元町店>
〒231-0861 神奈川県横浜市中区元町2丁目85
<西宮ガーデンズ店>
〒663-8204 兵庫県西宮市高松町14-2
阪急西宮ガーデンズ 本館3F 北モール


■ECCO LEATHER とは
オランダ・ドンヘンに研究開発所とファクトリーを構えるECCO LEATHER B.V.(エコー・レザー社)はレザーデザイナー、なめし職人、品質管理スペシャリストが昔ながらの伝統やノウハウと最新テクノロジーを駆使し今までにない新しいレザー開発に挑戦しています。
自社製品のみならず、世界有数のブランドにもECCOのプレミアムレザーは提供されています。また、年に1度世界中の有望なデザイナーやクリエイターを招聘したワークショップ『HOT-SHOP(ホットショップ)』も行い、今までにないレザー作りにチャレンジしています。
すべてのレザーは環境への配慮とサステナビリティの観点からも高く評価されています。ゴールドスターを獲得した自社タナリーで、皮革からコレクションまで完全に社内でデザインおよび開発を行っています。
2019年6月に東京にショウルームを開設したECCOレザー社は、なめし工程での水の使用量を大幅に削減した『DriTan(TM)』(ドライタン)や、鉄よりも高い強度を誇る素材を採用した『FSDX DYNEEMA(R) LEATHER』(エフエスディーエックス ダイニーマ)といった、これまでの常識を覆すレザーを数多く提供していきます。

https://eccoleather.com/


■ECCOとは
1963年、デンマークで創立したECCOは靴のデザインから原材料であるプレミアムレザーおよび靴の製造・出荷・店舗運営にいたるまでを全て自社で一括管理・運営する世界でもユニークな経営スタイルを有するシューズとレザーグッズのブランドです。
世界約100カ国で展開されているECCOはメンズ、レディース共にカジュアルシューズからビジネス、スポーツ、アウトドア、世界中のプレイヤーの足を支え続けているゴルフシューズ、そしてキッズシューズまで幅広いライフスタイルに寄り添うラインナップを揃えており「一度履いたらその履き心地の虜になる」と、世界中で愛され続けています。

https://jp.ecco.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?