MUGENUP自主制作の短編映画が、アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2020」ジャパン部門に選出!

株式会社MUGENUPの映像クリエイティブチームOtter Pictures(オッター ピクチャーズ)によるオリジナル短編映画第一弾『diff』が、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2020」(SSFF & ASIA 2020)において、ジャパン部門に選出されました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/220472/LL_img_220472_1.jpg
diff

■アジア最大級の国際短編映画祭「SSFF & ASIA 2020」ジャパン部門に選出された『diff』とは
MUGENUPは、キングコング西野亮廣さんの絵本『えんとつ町のプペル』をはじめ、世界中のクリエイターと共に2Dイラストや3DCG、広告映像やコンテンツ映像など多彩なクリエイティブを制作してきました。さらにMUGENUP自らのオリジナルコンテンツにも取り組み、Vtuberのブームに先駆けた2014年には、世界初の生中継アニメ『LIVE ON Ladder』を配信するなど、独創性を活かしたチャレンジを続けてきました。そのMUGENUPが自主制作映画として取り組んだのが、オリジナル短編映画第一弾『diff』です。

制作したのはMUGENUPの映像クリエイティブチームであるOtter Pictures( https://otterpictures.jp/ )。『diff』の企画・プロデュース・編集をつとめた西山 理彦を中心に、多彩なキャリアを持つプロフェッショナルが集結。SFの世界観の中で、骨太な人間ドラマと「記憶」という普遍的なテーマを描きました。

上映スケジュール:2020年9月21日(月)20:00~21:50
作品紹介: https://www.shortshorts.org/2020/prg/ja/1022


■SSFF & ASIAとは
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/220472/LL_img_220472_8.jpg
SSFF_logo
「SSFF & ASIA」とは、アジア発の新しい映像文化の発信と若手映像作家の育成を目的とした短編映画を対象とするアジア最大級の国際短編映画祭です。米国アカデミー賞公認映画祭であり、オフィシャルコンペティション(インターナショナル部門、アジア インターナショナル部門、ジャパン部門)およびノンフィクション部門から最大4作品が翌年のアカデミー賞短編部門へのノミネート候補に選ばれます。
https://www.shortshorts.org/2020

今回で創立22年目となる「SSFF & ASIA 2020」のテーマは「(ニュー)ボーダレス」。新型コロナウイルスの感染拡大といった未曾有の状況を経て、私たちが今まで当たり前のこととして受け入れてきた概念を改めて見直してみる。今年のSSFF & ASIA はショートフィルムを通じて、新しい時代の「(ニュー)ボーダレス」な表現の形を立ち上げます。
112の国と地域から集まった作品の中から選ばれた約200作品にご注目ください。


■『diff』作品紹介
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/220472/LL_img_220472_2.jpg
diff_screenshot_01
【About】
Otter Picturesの西山 理彦を中心に、脚本家 高橋知由、監督 藤森圭太郎が加わって制作が始まったオリジナル短編第一弾。

「既存の制作方法に捉われない枠組みで作品を作る」ことをコンセプトに、撮影監督にはフランスのクリエイター シャール・ラムロ、音楽にはパリで影絵師として国際的に活躍する芸術家 川村亘平斎、美術の宮守 由衣、プロダクトデザイナーの中田 邦彦、造形アニメーターの大石 拓郎など、他方面で活躍する同世代が集結。更に衣装デザインの小川 久美子、ヘアメイクの橋本 申二、サウンドデザインの小野 幹和による大きな力が加わった。

作品のタイトルとなっている"diff"は、差分(difference)を意味している。今の自分と、過去の自分。そこにある差を題材に、"記憶"という普遍的テーマに挑んだ。

【Story】
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/220472/LL_img_220472_3.jpg
diff_screenshot_02
月面で事故に遭い、一人だけ地球に生還した宇宙飛行士の安奈。
主治医とトレーナーに付き添われてリハビリを受けるうちに、彼女は事故の記憶を少しずつ取り戻す。
同時に、蘇る記憶と現在の自分の差分(diff)に悩まされる。
やがて、完全に記憶を取り戻した安奈は、月で本当に起こったことを知るのだった…。
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/220472/LL_img_220472_4.jpg
diff_screenshot_03

【Cast】
安奈役:玄理
トレーナー役:テイ 龍進
主治医役:竹厚 綾

【Staff】
監督:藤森 圭太郎
脚本:高橋 知由
企画・プロデュース・編集:西山 理彦

音楽:川村 亘平斎
撮影:シャール・ラムロ
美術:宮守 由衣
衣裳デザイン:小川 久美子
ヘアメイク:橋本 申二
プロダクトデザイン:中田 邦彦
プロデューサー:阿部 慎也

エグゼクティブプロデューサー:伊藤 勝悟

企画・制作:株式会社MUGENUP

『diff』 https://otterpictures.jp/diff


■「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2020」概要
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/220472/LL_img_220472_9.jpg
SSFF2020_logo
映画祭代表:別所哲也
フェスティバルアンバサダー:LiLiCo(映画コメンテーター)
開催期間:9月16日(水)~9月27日(日)
※オンライン会場も同上の日程に展開
上映会場:オンライン会場および表参道ヒルズ スペースオー、
iTSCOM STUDIO & HALL二子玉川ライズ、
渋谷ストリーム TORQUE SPICE & HERB,TABLE & COURT
赤坂インターシティコンファレンス
(赤坂インターシティAIR)含む都内複数の会場にて
※開催期間は各会場によって異なります
料金:無料上映 / 無料配信
※一部、有料イベントあり(予定)
※8月15日(土)より予約開始
一般からのお問い合わせ先:03-5474-8844
オフィシャルサイト: https://www.shortshorts.org/2020
主催:ショートショート実行委員会 / ショートショート アジア実行委員会

※上記の記載内容は変更になる場合がございます。


■株式会社MUGENUPとは
株式会社MUGENUP(本社:東京都新宿区、代表取締役:伊藤勝悟)は世界中のクリエイターをシステムでつなぎ、2Dイラストや3DCG、映像など、多彩なクリエイティブを制作しています。さらにクリエイティブの制作環境も創るべく制作管理ツール「Save Point」の開発・提供を行っている他、次代のクリエイターの育成サポートやオリジナルコンテンツの企画・製作にも取り組んでいます。
公式URL https://mugenup.com/


■Otter Pictures(オッター ピクチャーズ)とは
Otter Picturesは株式会社MUGENUPの映像クリエイティブチームです。ものづくりの “新しい楽しさ” とはプロジェクトに在る新しい価値観と考え、広告映像制作+コンテンツ映像制作の2つをつくれる環境と人材を集めたチームです。他社にはないアイデンティティから生まれるカタチに捉われないアイディアを提供し、企画立案から納品までクリエイティブの全てをワンストップで実現します。
公式URL https://otterpictures.jp/

(C) 2020 MUGENUP Inc. / Otter Pictures


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?