SNSで人気!育児エッセイ漫画でおなじみ、きくまきの絵本デビュー作 チャレンジを後押しする絵本『まりもとぼく ゆうきのいっぽ』2020年6月24日(水)発売

創業から112年の歴史を持つ老舗出版社、株式会社神宮館(所在地:東京都台東区、代表取締役社長:木村 通子)は、「やりたいことに挑戦する勇気がなかなか持てないお子様のチャレンジするきっかけに」という願いを込めて、絵本『まりもとぼく ゆうきのいっぽ』(著:きくまき)を2020年6月24日(水)に発売します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/212277/LL_img_212277_1.jpg
「まりもとぼく ゆうきのいっぽ」書影

“幸せの指針を運ぶこよみの出版社”である当社は、2019年5月より、子どもたちに伝えていきたい日本の文化や、身につけてほしい事をテーマに絵本の出版を開始しました。
本書『まりもとぼく ゆうきのいっぽ』は、Twitterやアメブロなどで育児エッセイ漫画を投稿し人気を集め、漫画家デビューを果たしたきくまきの、初となる絵本作品です。勇気を出すことはちょっぴり怖いけれど、思い切ってやってみることで気づきや喜びがあることを伝え、チャレンジできるようそっと背中を押したい、という著者の思いがこもった一作です。


◆あらすじ
主人公の「そら」は、恥ずかしがりやで内気な男の子。
大親友の不思議な生き物「まりも」といつでも一緒です。
ふたりは正反対の性格で、シャイなそらに対してまりもは何事にも明るくチャレンジします。
自分にはできないことを、臆することなくやってしまうまりもを見ているうちに、そらにも気持ちの変化が訪れ……

勇気を出すことはちょっぴり怖いけれど、思い切ってやってみることで、気づきや喜びがあることを伝え、チャレンジする子の背中をそっと押す絵本です。


◆内容チラ見せ
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/212277/LL_img_212277_2.jpg
内容チラ見せ(1)

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/212277/LL_img_212277_3.jpg
内容チラ見せ(2)

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/212277/LL_img_212277_4.jpg
内容チラ見せ(3)


◆書籍情報
『まりもとぼく ゆうきのいっぽ』
作 :きくまき
発売:2020年6月24日(水)
定価:本体1,300円+税
AB判上製/32ページ/フルカラー
4歳ごろから
ISBN:978-4-86076-658-0
発行:株式会社神宮館


◆著者プロフィール
作:きくまき
2015年11月生まれの娘と、タレ目の猫と、愉快な夫と暮らす主婦。
娘へのほとばしる愛情をマンガにしたためてはTwitterに投稿している。著書に「娘が可愛すぎるんじゃ~!」「タレ目猫そむが可愛すぎるんじゃ~!」(KADOKAWA)。

Amebaブログ公式トップブロガー。
・Twitter: @kikumaki00
・Blog : https://ameblo.jp/musu-kawa


◆会社概要
社名 : 株式会社神宮館
本社所在地 : 東京都台東区東上野1-1-4
代表 : 代表取締役社長 木村 通子
設立 : 昭和23年5月14日(創業 明治41年)
ホームページ: https://jingukan.co.jp
事業内容 : こよみ、実用書、自己啓発書、占い本、易学書の出版販売
こよみ、占いのデータ販売
ノベルティグッズおよび開運グッズの企画、制作、販売


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?