東京ビューティー 「スキ」で繋がるコミュニティ。東京女子のキレイとライフスタイルを応援!

忙しい毎日でもおいしいものが食べたいという人にオススメ!
~ ちゃんと作れるごはん& 美味しいスイーツ レシピをご紹介 ~
トップページへ
ご馳走スイーツ
ちゃんとごはん


口当たり抜群!とろ~りミルクレープ
ミルクレープ
このレシピは
携帯ページでも
ご覧になれます

ミルクレープの作り方を携帯で見る


icon:tb_rogo01_moveフィンガーフードのクレープを華麗に変身icon:sparklingさせたミルクレープ(千枚のクレープ)今回は16枚重ねます。間にはカスタードクリームとバナナをサンドicon:face_self-conscious_smileきちんと周囲を切り落とすと、オシャレです。イチゴソースが華やかさを添えてくれますicon:cherryblossom

ミルクレープ
材料(2人分)
クレープ生地
直径15cm  約16枚分
薄力粉 100g 振るっておく
砂糖(上白糖) 20g
全卵    150g (M玉3個) 溶きほぐす
牛乳 200g 室温に戻す
生クリーム
(40~42%)
100g 室温に戻す
溶かしバター 30g 50℃位に溶かす
コアントロー 10cc
カスタードクリーム
出来上がり量 約450g
牛乳 300cc
バニラビーンズ 1/ 3本
卵黄 60g (約3個分)
グラニュー糖 60g
薄力粉 26g
無塩バター 8g
キルシュ 7.5cc (大さじ1/2)
仕上げ
バナナ 大2本
  皮付きのまま洗っておく
レモン汁 少々
クレープ 15 枚
カスタードクリーム 全量
イチゴ 100g
グラニュー糖 30g
レモン汁 5cc (小さじ 1)



クレープ生地の作り方

手順1 ボールにふるった粉と砂糖を入れホイッパ−で混ぜ、全卵を3回に分けて加える。この時、ダマができないようにする。
ボールにふるった粉と砂糖を入れホイッパ−で混ぜ、全卵を3回に分けて加える。
このとき、「ダマ」ができないようにする。

粉類を撹拌しながら卵を加えると、ダマができにくくなります。
手順2 生クリームと牛乳を少しずつ加え、よく混ぜ合わせる。
生クリームと牛乳を少しずつ加え、よく混ぜ合わせる。

急いで焼きたい時は30℃ほどに軽く温めると良いです。
手順3 目の細かい裏ごしで濾して、溶かしバター、コアントローを加える。
目の細かいこし器でこして、溶かしバター、コアントローを加える。
室温で30分以上、できれば冷蔵庫で2時間ほど寝かせる。
寝かせた生地を室温に戻し、硬いようなら牛乳を加えてのばす。

:必ずパッセ(裏ごし)をしましょう。滑らかなクレープになります。


手順4 フライパンを熱し、サラダオイルを少々いれて油をなじませる。
フライパンを熱し、サラダオイルを少々入れて油をなじませる。
生地を流し入れて薄くのばし、ふちに焼き色がついたら裏返す。

竹串などで端を持ち上げて、引っくり返します。火傷をしないように!
手順5 裏を少し焼いて取り出し、粗熱が取れる様に平らなものの上におく。
裏を少し焼いて取り出し、粗熱が取れる様に平らなものの上におく。
   



カスタードクリーム

手順1 バニラビーンズを裂いて牛乳の鍋に入れる。弱火にかけておく。
バニラビーンズを裂いて牛乳の鍋に入れる。弱火にかけておく。

ビーンズがなければエッセンスで大丈夫。洋酒と一緒に入れましょう。
手順2 ほぐした卵黄に砂糖を加え、ホイッパーでよくすり混ぜる。
ほぐした卵黄に砂糖を加え、ホイッパーでよくすり混ぜる。
80℃くらいにあたたまった牛乳を少しずつ加えながらよく混ぜる。

鍋の周囲から泡が吹き上がってきたら、だいたい80℃です。
手順3 裏ごしをして鍋に戻し、やや強めの火でフツフツとなるまでよく撹拌しながら一気に炊きあげる。
裏ごしをして鍋に戻し、やや強めの火でフツフツとなるまでよく撹拌しながら一気に炊きあげる。
鍋を傾けて"ずるっと"はがれれば、炊きあがり。


手順4 バターを加えて良く混ぜて溶かす。
バターを加えて良く混ぜて溶かす。

バターを加えるとぐっと味が良くなりますし、後でのばしやすくなります。
手順5 バットなどにとってラップをぴったりとかけ、氷水に当てて急冷する。
バットなどにとってラップをぴったりとかけ、氷水に当てて急冷する。
冷めたクリームをボールにとり、まぜて柔らかさを戻す。キルシュを加える。
   


モンタージュ(仕上げ)

手順1
バナナは上下1cmを切り落とし、皮をむいて2mmの厚さに斜め切りにする。
レモン汁をかけておく。

季節のフルーツを使って下さい。ただしあまり水分の多いものは向きません。
手順2
クレープ1枚にクリームをひとすくい(30g程度)のせ、全体に薄くのばす。
もう一枚同様に重ねる。

真ん中から周囲へのばすと、きれいに延びます。
手順3
3枚目はクリームをのばしたら、バナナを並べる。
4枚目→クリームのみ、5枚目→クリームとバナナというように、1段置きにバナナをのせて重ねていく。

中心3cmは空けておきましょう。カットが楽になります。


手順4
最後はクレープをのせて、バットなど平らなものをのせて上面を落ち着かせる。
冷蔵庫で2時間ほど冷やす。
手順5
冷やしている間に、イチゴソースを作る。小鍋にイチゴをいれ、潰す。
砂糖とレモン汁を加えてふたをし、中火で果汁が出るまで炊く。
炊きあがったら冷ましておく。

アクが出るようなら、引いて下さい。
手順6
冷えて固まったクレープを直径15cmになるよう周囲をカットする。

ナイフを突き刺すように、上下に動かすときれいに切れます。


手順7
お皿に盛って、イチゴソースを添えて出来上がり。
     


料理研究家 いだ ようこ
「良い素材を使ったお菓子を娘に作りたい・・・」との思いでパティシエに。
理論に裏付けされた調理法や細部まで計算されたレシピは
「応用がきく!」「料理の腕が上がる!」と大人気。
その人柄に惹かれて通うファンも多い。
お教室情報はこちら

はちみつ(ハチミツ)・蜂蜜・自然食品の通販【山田養蜂場】