東京ビューティー 「スキ」で繋がるコミュニティ。東京女子のキレイとライフスタイルを応援!

忙しいとき、疲れているとき、仕事が思うようにいかないとき、すこしだけハーブの力を借りてみませんか?ハーブは、その香りが楽しめるだけでなく、からだの調子を整えたり、ココロとからだを美しく磨いたりする働きがあるのです。忙しいからこそ、ハーブといっしょの時間を大切にしたい。そんなメッセージを込めてお届けします。

レモンバームのハーブティーで花粉症撃退!

レモンバームのハーブティーで花粉症撃退!


涙ポロポロ、鼻水がタラタラ。つらーい花粉症の季節がやってきました。今回は、花粉症の症状をやわらげてくれると今注目のレモンバームハーブティーをご紹介します。


最近、花粉症にはミントやシソなどのシソ科のハーブに含まれるポリフェノールが有効という研究結果が出ています。数あるシソ科のハーブの中でも、レモンバームが抗アレルギー作用で高い効果があることが実証されたとのことです。レモンバームのロズマリン酸というポリフェノール化合物が、鼻づまりなど不快な症状をやわらげるのです。


レモンバームのお茶は、レモンの香りがしても味に酸味がないので、ほんのりとした甘みが楽しめます。また、このハーブには鎮静効果や神経の疲れをとる効果があり、花粉症のゆううつな気分を明るくしてくれるはたらきもあります。


<レモンバームティーの入れ方>
1.ティースプーン1〜2杯(1人分)のレモンバームドライハーブを温めたティーポットに入れ、熱湯を注ぎ5〜10分蒸らします。

2.温めたカップに濾しながら注ぎます。お好みでレモンやハチミツ、オリゴ糖などを入れてもいっそう美味しくいただけます。


レモンバームは、古代からこのハーブを飲むと長生きをし、記憶力が高まるといわれ、長寿のシンボルとされてきました。また、「気分を陽気にさせる」として、アロマテラピーを行う医師やハーバリストは不安やゆううつ状態、不眠症などの症状に用いてきました。お茶として飲まれるだけでなく、フレッシュハーブは、魚、肉料理、オムレツ、サラダやワイン、リキュールなどの香り付けに利用されます。さわやかな香りが好まれて、香水としても人気ですが、純粋な精油は希少価値が高く、高級品とされているそうです。

レモンバーム
■学名:Melissa officinalis ■科名:シソ科 ■原産地:南ヨーロッパ ■用途:ハーブティー ■効能:花粉症、アレルギー、リフレッシュ

ハーブティー